欧州の国際夜行列車「ナイトジェット」に乗ろうとしたら…行先違う?車両も違う?の謎

オーストリア連邦鉄道が運行するヨーロッパの国際夜行列車「ナイトジェット」。それにイタリアのフィレンツェからドイツのミュンヘンまで乗ろうとしたところ、旅の醍醐味(だいごみ)らしいハプニングを体験しました。

国際夜行列車「ナイトジェット」 乗る前に起きた「事件」

 ヨーロッパ31カ国で使える鉄道の乗り放題パス「Eurail Pass(ユーレイルパス)」。これを用いたヨーロッパの鉄道&世界遺産を満喫する旅へ、2019年の8月から9月にかけ出かけました(2か月のうち任意の10日を選んで使える1等車用「ユーレイル グローバルパス」を使用。大人用〈28歳以上〉605米ドル〈約6万6000円〉、シニア用〈60歳以上〉546米ドル〈約5万9600円〉。列車によっては予約料金が別途必要なことなどあり)。

Large 191214 nj01 01

拡大画像

ミュンヘン行き寝台列車を待っていたら、なぜかそこに現れた、寝台車なしの高速列車「フレッチャロッサ」ETR1000電車(2019年8月、恵 知仁撮影)。

 日本からローマへ到着後、イタリアの高速列車「Frecciarossa(フレッチャロッサ)」で同国中部のフィレンツェへ。世界遺産になっているその市街を散策し、ワインやハム、チーズなどを楽しんだのち、今回の旅における目玉のひとつ「国際夜行列車」に乗車します。

 しかしそこで、ふたつの“事件”がありました。

 乗車する「国際夜行列車」は、オーストリア連邦鉄道(OBB〈正しくは「O」の上に点2つ〉)が運行する「Nightjet(ナイトジェット)」NJ294(EN294)列車で、始発はローマ、終着はドイツのミュンヘン。それに途中のフィレンツェから終点まで乗り込む計画でした。

Large 191214 nj01 02

拡大画像

世界遺産になっているイタリア・フィレンツェの市街地(2019年8月、恵 知仁撮影)。

 しかし、その列車が21時55分に発車するはずのフィレンツェ サンタ・マリア・ノヴェッラ駅に行き、発車案内の電光掲示板を見ても、「ミュンヘン(英:Munich / Muenchen、独:Munchen〈正しくは「u」の上に点2つ〉)」の文字が、どこにも登場しないのです。

「21時55分発の列車」は掲示されていました、が、その行先は「VIENNA-MONACO」。内陸にあるオーストリアの首都ウィーンと、地中海に面したモナコ公国という、行先が別の車両が途中まで一緒に行く列車のようです。

 結果をいえば、駅の表示は何も間違っていなかったのですが、ある意味「国際列車」らしい“カラクリ”でした。

【地図】フィレンツェからミュンヘン「ナイトジェット」の経路

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント