クルマのドア「重いほうがいい」のか? 日本車メーカー「閉まる音」の工夫とは

いいクルマはドアの「閉まる音」がちがう――高級車や輸入車の重いドアを指して、このように評する声も聞かれます。しかし、心地よい開閉音は「ドアが重いから」というわけではなく、様々な工夫によって成り立っています。

ドア開閉音は「上質さのバロメーター」

 一般的に高級車や輸入車のドアは重く、閉まる音も重厚感があるのに対し、日本の大衆車のドアは比較的薄く、閉まる音も軽い、といった評価も聞かれます。確かに昔の軽自動車などでは、ドアを閉めるときに「バタンッ」という、重厚な感じがしない音がするものもありました。

Large 191225 door 01
ドアの閉まる音にも各社気を配っている。写真はイメージ(画像:Andrew Poplavsky/123RF)。

 しかし現在、自動車メーカーはドアの開閉音にも気を配っています。ホンダは、「いいクルマはドアの閉まる音が違う、といわれているように、その音は上質さのバロメーターでもあるでしょう」といい、たとえば軽自動車「N-ONE」について報道用資料で、「ドアの開閉音まで上質感を追求するなど、細部まで気を配りました」と紹介しています。

「数値では表せないものの、軽自動車でも、ドアの音はお客様の満足度にかかわるポイントのひとつです」とホンダは話します。

 もちろん、こうした傾向は軽自動車以外でも同様です。マツダでは、人間が感じる「快」「不快」をそれぞれ分析するなかで、心地よいドア開閉音についても追求を重ねているそうです。

【画像】いいドア開閉音の秘密 「N-BOX」防音材の数々

画像ギャラリー

  • Thumbnail 191225 door 03
  • Thumbnail 191225 door 04
  • Thumbnail 191225 door 05
  • Thumbnail 191225 door 01
  • Thumbnail 191225 door 02

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

3件のコメント

  1. ドア開閉音は「上質さのバロメーター」、ってどのくらい一般的なんだろう…
    自動車評論家が欧州車というと手放しで褒めるような感じの、ごく一部の人にしか通用しない価値観(思い込み)だと思うんだけど。個人的には。

  2. 文中で「車内の気密性」に触れられている。

    福野礼一郎『クルマはかくして作られる』のウェザーストリップ製造会社(豊田合成株式会社)の取材記事によれば「ドアのガラス保持部の剛性が低いと高速走行時に窓が外に倒れ出る。これを見越してドアを内側に倒した設計にして車内気密を保とうとする。ドアサッシ部の剛性に配慮せず、ゴムの弾性に頼った設計がドアの閉じ音がよくない一因である。」とのこと。

    • なるほどありがとうございます。