ロシア最新鋭戦闘機「Su-57」墜落 ロシア初本格ステルス機の量産初号機 配備に影響か

ロシア最新鋭ステルス戦闘機Su-57の量産初号機が、軍への引渡しを目前にして墜落しました。長年にわたる開発の末ようやく大規模量産へこぎつけた矢先の事故ですが、これも戦闘機開発にはつきものといえそうです。

墜落した機体は量産初号機

 2019年12月23日(月)、ロシアの次世代ステルス戦闘機であるユナイテッドエアクラフト(スホーイ)社のSu-57が、極東ハバロフスク地方において墜落する事故が発生しました。パイロットは緊急脱出し救助されています。また墜落地も無人であったため、不幸中の幸いにもこの事故における死傷者はありませんでした。

Large 191227 su57 01

拡大画像

ユナイテッドエアクラフト(スホーイ)Su-57戦闘機。写真はプロトタイプ2号機。強化型Izdeliye 30エンジンのテストベッドとしても使用されている(関 賢太郎撮影)。

 12月27日(金)現在のところ、ロシア空軍、ユナイテッドエアクラフト社ともに事故の原因に関する公式発表を行っていません。一方、ロシア国営タス通信は関係者筋の情報として、飛行制御システムの異常によって高度8000mでコントロールが失われスピンに入り、高度2000mでパイロットが脱出した可能性について報じています。事故原因については今後の本格的な調査によって明らかにされるでしょう。

 Su-57は2010(平成22)年1月29日に原型機が初飛行し、現在、開発が進行中のロシア初となる本格的な高ステルス性を備えた戦闘機であり、これまでの生産機数は11機となっています。そしてロシア空軍とユナイテッドエアクラフト社にとって、墜落した機体は11機のうち最も失いたくない重要な機体であったと思われます。

 というのも、墜落機は最も新しい11機目の飛行可能なSu-57であり、同時にこの機体は「空軍へ引き渡される最初の量産型Su-57」であったためです。計画では2019年中にロシア空軍へ引き渡しが行われるはずでした。

 もしスケジュールが予定通り進んでいたのであれば、量産初号機は空軍への納入に向けたユナイテッドエアクラフト社による飛行試験の最終段階にあったと推測され、まさに引き渡しを目前に控えた段階で墜落してしまったことを意味します。

【写真】スホーイの戦闘機といえば「フランカー」 その原型機

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント