JAL「初日の出フライト」に搭乗したら 普通はないことばかりだった 4タイプのCA乗務

JALが、上空から「初日の出」と「初富士」をセットで楽しめる「初日の出フライト」を実施。羽田発着便に搭乗取材したところ、「聖火トーチ」や「4種類のCA」など、普段のフライトではあり得ない「特別」なことが多数ありました。

普段と全然違うJAL「初日の出フライト」出発ゲート

 JAL(日本航空)が2020年1月1日(水)、機内から「初日の出」と「初富士」を拝む、元号が「令和」になって最初の「初日の出フライト」を実施。その羽田空港発着便を取材したところ、そうした「初」をはじめ、通常のフライトでは体験できない、さまざまな「特別」がありました。

Large 200101 jal 01

拡大画像

JAL「初日の出フライト」機内から拝んだ「初日の出」と「初富士」(2020年1月1日、恵 知仁撮影)。

 搭乗受付開始の午前4時すぎ、普段の喧噪がうそのような羽田空港の空気も、ちょっと特別な感じがあるなか、JALのカウンターでは法被を着た関係者のほか、晴れ着姿の「ミス日本グランプリ」の度會亜衣子さん、「ミス日本『水の天使』」の谷 桃子さんがお出迎え。記念撮影に応じていました。

Large 200101 jal 02

拡大画像

「ミス日本グランプリ」の度會亜衣子さん、「ミス日本『水の天使』」の谷 桃子さん(2020年1月1日、恵 知仁撮影)。

 保安検査を受けて出発ゲートに行くと、2020年の「東京オリンピック・パラリンピック」で実際に使われるという聖火トーチが置かれており、それを手に取っての記念撮影ができました。

Large 200101 jal 03

拡大画像

「東京オリンピック・パラリンピック」で実際に使われるという聖火トーチ(2020年1月1日、恵 知仁撮影)。

 出発ゲートではセレモニーが行われ、JALの赤坂祐二社長があいさつ。赤坂社長も「ミス日本」たちと一緒に、記念撮影に応じていました。出発前セレモニーがあるフライトはまれですし、社長に会えるのもレアかもしれません。

Large 200101 jal 04

拡大画像

JAL「初日の出フライト」出発ゲートの案内(2020年1月1日、恵 知仁撮影)。

 そして、出発ゲートの案内モニターに表示された便名とその行先は、「JL2011 特別便 東京」。東京(羽田)発東京(羽田)行きの特別便です。便名は「2020年1月1日」にちなんでいます(オペレーション便名はJL4911便)。

「JAL初日の出フライト」を写真で体験してみる!

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント