中国道「吹田~中国池田」6月に異例の2週間通行止め予告 大規模リニューアル工事

夜間通行止めでも車線規制でもなく、完全通行止めです。

Large 200130 chugoku 01

拡大画像

中国道 吹田JCT~中国池田IC間の位置(画像:NEXCO西日本)。

 NEXCO西日本は2020年1月29日(水)、中国道の吹田JCT~中国池田IC間(10.5km)で6月に工事のため、約2週間の通行止めを実施すると発表しました。

 NEXCO西日本によると、同区間は1970(昭和45)年の大阪万博に合わせて開通しており、半世紀を経て構造物の損傷が進行。抜本的な対策として、橋の床版(舗装が載る道路の床板に当たる部分)取り替えなどの大規模リニューアル工事を実施するといいます。

 このようなリニューアル工事は東名高速や名神高速などでも行われていますが、部分的な車線規制をしながら実施し、交通の流れを極力止めないようにするのが一般的です。NEXCO西日本によると、約2週間ものあいだ、大都市圏の高速道路を昼夜連続で通行止めにするのは異例だといい、試行的に実施するそうです。

「リニューアル工事が必要なものの、交通量の多い路線でもあるため、なかなか手がつけられなかった区間です。長期間にわたり車線規制をしながら工事するのと比べて、工期が5倍ほど違います。集中的に工事を実施し、お客様にご迷惑をおかけする期間をトータルで削減できると見込んでいます」(NEXCO西日本)

 2018年、この区間の迂回路となる新名神の高槻JCT~神戸JCT間が開通したことで、このような工事が可能になった側面もあるといいます。工事中は情報提供を強化するほか、新名神へ迂回利用した際に料金を調整したり、休憩施設で利用可能なクーポンを発行したりする予定だそうです。

 なお、通行止めの具体的な日程などは後日発表されます。今後、中国池田ICから神戸JCTまでのあいだもリニューアル工事が行われる予定です。

【了】

※一部修正しました(1月31日10時30分)。

【写真】老朽化が進行している吹田JCT~中国池田IC間

最新記事

鉄道運行情報(外部サイト)

  • 「最新の運行情報はありません」

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント