「ここも補修してあげよう」引退せまる東海道新幹線700系に愛の特別装飾 ラストランへ

残り2編成になり、まもなく東海道新幹線から引退するJR東海の700系電車(C編成)。その車体に特別な装飾が施されました。これにあたって車体の洗浄だけでなく、補修もしたといいます。ラストランの列車は「のぞみ315号」です。

東海道新幹線から引退する700系「ここも補修してあげよう!」

 まもなく東海道新幹線(JR東海)から引退する700系電車に、2020年2月10日(月)、車体装飾が施されました。

 JR東海の大井車両基地(東京都品川区)で「先頭車検修装置」という、各新幹線車両の先頭形状に合わせて変形する作業台が700系の正面に据え付けられ、「SHINKANSEN Series 700 ありがとう 東海道新幹線 LAST RUN 2020.3.8」と書かれた装飾が、その形状から「カモノハシ」とも呼ばれる700系の個性的な顔に貼られていきます。

Large 200210 700 01

拡大画像

引退にあたって装飾が施されたJR東海の700系(2020年2月10日、恵 知仁撮影)。

 3月8日(日)のラストランと、それに向けたこの装飾の実施にあたり、車両の洗浄と合わせて補修もしているといい、JR東海 新幹線鉄道事業本部 運輸営業部の延原正蔵さんは、「最後はできるだけいい状態で、走らせてあげたいです」と話します。

 その補修作業の際、「ここも、ここも補修してあげよう!」となり、700系に対する皆の愛情を延原さんは感じたそうです。

【写真】装飾されていく700系と「先頭車検修装置」

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント