龍馬クロフネソラフネ JR四国の新観光列車「志国土佐 時代の夜明けのものがたり」完成

「志国土佐 時代の夜明けのものがたり」デザインも座席配置も対照的な車内

 1号車「KUROFUNE(クロフネ)」は、車体側面に龍馬像や蒸気船のモチーフが配置され、明治期の文明開化や19世紀末の芸術を想起させるデザインになっています。

 2号車「SORAFUNE(ソラフネ)」は、「大空のその先、大気圏を突き抜けた宇宙空間までにもつながる未来への『夢』」(JR四国)をコンセプトとし、車体両側面に太陽と、新たな旅をイメージしたというロケットエンジンのモチーフが配置されました。

 車内は、蒸気機関やロケットエンジンのモチーフと明治期の装飾表現を組み合わせた空想ファンタジーのデザインに。並んで立つ照明ポールや可変テーブルの支柱は、張り巡らされた機械配管の疑似デザインンとして表現されています。

Large 200221 shikoku 02

拡大画像

船の操舵輪、大型スクリーンがある「志国土佐 時代の夜明けのものがたり」1号車「クロフネ」(2020年2月21日、恵 知仁撮影)。

 1号車「クロフネ」は、車内中央に2人用と4人用のテーブルが並んでおり、窓に背を向けて座ります。「高知家の団らんシート」(12席)は1人から、ボックス席(16席)は3人から4人で利用が可能です。

 2号車「ソラフネ」は、1号車とは対照的に、テーブルと席が窓向きに配置されています(席を向かい合わせることも可能)。90度の向かい合わせ席が10席、カウンター席が9席、車いす席が1席です。いずれも1人から利用が可能です。このほか、サービスカウンターや多目的トイレ、女性用トイレも設置されています。

新観光列車「志国土佐 時代の夜明けのものがたり」を写真でチェック!

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント