最強戦闘機F-15「イーグル」 いまなお抱える「持病」 背景にロシア戦闘機の影

最強の呼び声も高いF-15「イーグル」戦闘機ですが、実はとある「欠陥」を抱えており、一応の解決は見たものの克服には至っていません。こうなった理由には、当時大きな脅威だった、ソ連機の存在がありました。

最強の名に恥じない戦闘機F-15「イーグル」の意外な一面

 航空自衛隊の主力戦闘機ともなっているF-15「イーグル」は、アメリカ空軍ほか様々な国において実戦投入され、2020年2月現在に至るまで100機以上を撃墜しながら空中戦における損害はゼロという恐るべき戦歴を残しています。これ以上、望みようがないパーフェクトな結果を残したのですから、F-15が最高傑作戦闘機のひとつであることに疑いの余地はないでしょう。

Large 200213 f15 01

拡大画像

航空自衛隊のF-15イーグル。可変式空気流入口を持ち速度や姿勢によって自動で作動する。写真は下がっている状態(関 賢太郎撮影)。

 とはいえF-15は、神ならぬ身である人間が作り出した機械です。F-15は「結果的に」パーフェクトでしたが、F-15は実際にパーフェクトといえる飛行機ではなかったようです。特に開発されたばかりの1970年代においては、たびたび墜落事故を起こしうる問題に悩まされました。そしてそれは2020年現在もなお、完全な解決には至っていないF-15の持病となっています。

 現在も残るF-15の持病とは、航空機の心臓ともいってよいエンジンにおいて発生する問題でした。F-15はプラットアンドホイットニーF100-PW-100エンジンを2基、胴体内に搭載してます。胴体側面にはふたつの空気流入口(エアインテーク)が設けられ、前方から流入した空気はエンジンの圧縮機へと送り込まれますが、この圧縮機が正常に動作しない「ストール・スタグネーション(空気流の失速・停滞)」が多発したのです。

 ストール・スタグネーションが発生すると、本来ならば排気口から噴射される燃焼室で作られた摂氏1279度に及ぶ高温のガスが空気流入口方向へ逆流しようとします。結果、燃焼を継続できずエンジンは停止します。

 最悪なのは、この温度はエンジンの構造材を溶かしうるほどであるということであり、特に遠心力によって常時、数万Gの負荷が掛かっている「タービン」と呼ばれる部品は、空冷も止まった結果、ほとんど爆発に近い勢いで飛散してしまうことさえありました。

【写真】比べれば一目瞭然 F-15の「可変式空気流入口」作動前後

 
    
 
    

最新記事

鉄道運行情報(外部サイト)

  • 「最新の運行情報はありません」

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

2件のコメント

  1. 100機以上を撃墜…ミサイルで落としたんですよね?ならば自軍は飛行機を飛ばすより高性能な地対空ミサイルを配備すれば済むのでは?

    • 地対空ミサイルだけではそれを配備したエリア内でしか対応できません。極端に射程を長くしても命中率が下がります。相手に対して能動的に動き、場合よっては目視で確認する必要があります。ドネツクやイランの様に民間機を撃墜する訳には行きません。