戦場で漏れそうになったら…戦車兵のトイレ事情 空薬きょう使うことも 陸自の場合は?

ロシアの戦車T-14がアップグレードされ、開発元はあることを大々的に誇りました。それは、戦車にトイレが付いたこと。なんでそんなことでと思ってしまいそうですが、冷静に考えみるとかなり切実な問題であることがわかります。

アップグレードされたT-14戦車 注目の新装備は「トイレ」!

 2019年3月、ロシアの主力戦車「T-14」のアップグレードが行われ、重大な問題のひとつが解決されたと報道がありました。それは、同車にトイレが標準装備になったということです。

Large 200304 tank 01

拡大画像

ロシアのT-14戦車。写真は2017年、赤の広場でのパレードにて撮影されたもの(画像:ロシア大統領府)。

 なぜトイレが、と疑問に思うかもしれませんが、当事者たちはいたって大真面目です。トイレを戦車に常設したことに関して、T-14の開発を担当したウラルヴァゴンザヴォート社の役員のひとりは「トイレがあれば戦車内の兵士の生活の質が格段に向上する」とアピールしています。

 実際、現場からはトイレを我慢しなければいけない現状を改善して欲しいという声があったようで、今回の改良は、かなり画期的なことだったとうかがい知ることができます。

 実は、トイレが標準装備されている戦車はほかにもあり、イギリスの主力戦車「チャレンジャー2」に付いています。しかし世界的に見ると、トイレが標準装備という戦車は珍しいようで、アメリカのM1「エイブラムス」や、陸上自衛隊の10式戦車にはトイレがありません。なお兵員輸送車に関しては、トイレを装備している車両も戦車よりは見られるようです。

【写真】これで用は足せる…? 105mm戦車砲弾の空薬莢

 
    
 
    

最新記事

鉄道運行情報(外部サイト)

  • 「最新の運行情報はありません」

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント