「レンタカー」「カーシェア」「サブスク」新型コロナで明暗 需要急増のサービスとは?

新型コロナウイルスの影響によりレンタカーやカーシェアの利用者が減少する一方、月額制でマイカーを持つサブスクリプションサービスに注目が集まっています。レンタカーやカーシェアも「新型コロナ向け」プランで需要を確保しています。

月額制「サブスク」に注目 「不特定多数が利用していない安心感」

 2020年4月現在、新型コロナウイルスの影響が長引き、レンタカーやカーシェアといったサービスの利用者が減少しています。たとえば沖縄ではインバウンド(訪日外国人)需要が一気に冷え込んだことで、3月に倒産したレンタカー会社もありました。

 レンタカー「タイムズカーレンタル」およびカーシェア「タイムズカーシェア」を全国で展開するパーク24(東京都品川区)も同様で、レンタカーは法人、個人ともに日常的な移動の縮小に加え、インバウンドを含む旅行観光需要の落ち込みを受け貸出件数が減少していることから、同社では保有台数や店舗スタッフなどの適正化を図っているといいます。またカーシェアについても、法人、個人ともに外出自粛要請による移動の縮小などが影響し、やはり貸出件数が減少しているそうです。

Large 200421 share 01
新型コロナウイルスの影響下、カーシェアの利用総数は以前より減少している(2020年4月、乗りものニュース編集部撮影)。

 その一方、いわゆるクルマの「サブスクリプション」に注目が集まっているようです。車両代金や保険料、車検費用、諸税などの費用を含めて、月々定額でクルマを持てるというサービスです。

 中古車店「ガリバー」およびクルマのサブスクリプションサービス「NOREL(ノレル)」を提供するIDOM(東京都千代田区)によると、4月7日(火)に政府の緊急事態宣言が発出された前後を比較すると、「NOREL」に関する問い合わせ件数が5倍ほど増加したといいます。職場や現場に足を運ばざるをえない医療従事者などの通勤や、生活必需品を扱う小売業・流通業、公共交通機関の利用に不安を覚える人の自家用車としての利用などが想定されるとのことです。

「サブスクリプションはクルマを『自分のもの』として利用できるため、レンタカーやカーシェアのように不特定多数の人が利用していないという安心感があるのでしょう」(IDOM)

 クルマを使わなくなれば月単位でやめることもでき、「所有」より気軽な点もメリットだといいます。

テーマ特集「【新型コロナウイルス対応特集】新幹線や飛行機の換気はどうなってる? 定期券払い戻しの注意点など」へ

【表】「レンタカー」「カーシェア」「サブスク」費用比較

最新記事

鉄道運行情報(外部サイト)

  • 「最新の運行情報はありません」

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント