病院船は新型コロナ対処の切り札たりえたか 米海軍マーシー級病院船 派遣1か月の結果

新型コロナの影響でロックダウン下のニューヨークへ派遣されたアメリカ海軍の病院船「コンフォート」は、どのような活動実績を残せたのでしょうか。日本の病院船保有議論にも大きな一石を投じるかもしれません。

ロックダウン下ニューヨークにおける任務を終えた病院船「コンフォート」

 2020年4月30日(木)、ニューヨークで医療支援活動を行なっていたアメリカ海軍の病院船「コンフォート」が、約1か月間に及ぶ任務を終了し、母港のあるバージニア州ノーフォークへ帰還の途につきました。

Large 200509 usns 01

拡大画像

約1か月間の医療支援任務を終えてニューヨークを後にする「コンフォート」(画像:アメリカ海軍)。

「コンフォート」は、2018年1月に来日した病院船「マーシー」の同型船で、マーシー級病院船の2番船です。マーシー級病院船は民間の石油タンカーを改装する形で建造されており、「コンフォート」は1987(昭和62)年12月1日に、アメリカ海軍へ就役しています。

 マーシー級は完全装備の手術室12室と1000床のベッド、4つのレントゲン室とCTスキャナー、薬局などを備え、また傷病者への医療に必要な酸素生成装置と、10年間保存可能な冷凍血液を保管する血液バンクも搭載しています。2018年に「マーシー」が東京に寄港した際、それを記念して東京都内で開催されたシンポジウムにおいて在日アメリカ海軍司令部は、マーシー級は心臓バイバスと臓器移植以外のすべての手術が可能であると述べています。

 アメリカ海軍における病院船の最大の任務は、戦時に発生した傷病兵に対する医療活動ですが、高い医療能力を活用して、大規模災害時の医療支援にも活用されています。

「コンフォート」も、2005(平成17)年にアメリカへ甚大な被害をもたらしたハリケーン「カトリーナ」の際と、2010(平成22)年1月に発生したハイチ地震の際に、それら災害で大きな被害を受け機能が低下し傷病者の対処が困難になった現地の医療機関を支援するため派遣され、両事案とも約1か月間に1000名以上の傷病者の治療を行なっています。

テーマ特集「【新型コロナウイルス対応特集】新幹線や飛行機の換気はどうなってる? 定期券払い戻しの注意点など」へ

【写真】「病院船」の名に恥じない充実装備「コンフォート」の集中治療室

 
    
 
    

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

2件のコメント

  1. マーシー級って田代まさしかと思ったよ(笑)

  2. そもそも年に1回使うか使わないものに、2隻の病院船で1隻の護衛艦並みの予算と人員を準備する必要があるのか?という話になるのでは。
    当然その分は海自の予算に響くし、任務にも響いてくる。
    左団扇でバンバン税収が増えて、防衛予算が青天井でGDP比を考えなくて、徴兵制か志願兵システムでも人気のある職種なら分からないでもないが、今の税収、国家予算、防衛費、人材の数を考えれば無理があるのでは?