第2次世界大戦の主要軍用機 生産数トップ5 首位は4年で3万6000機以上! 日本機は…?

第2次世界大戦では、飛行機は性能向上だけでなく、現代に繋がる大量生産体制までも確立、日本においても万単位で飛行機の生産が行われました。同期間中に使用されたなかで、最も多く生産された主要軍用機のトップ5を見ていきます。

トップは「空飛ぶ戦車」の異名を持つソ連機

 1939(昭和14)年から1945(昭和20)年まで続いた第2次世界大戦期に、航空機は飛躍的な発展を遂げました。わずか6年ほどのあいだに、全世界で計80万機近くが生産されています。大戦において使用された主要軍用機、すなわち戦闘機や攻撃機、爆撃機のなかで生産数トップ5を挙げてみました。

Large 200518 warplane 01

拡大画像

わずか4年間で3万6000機以上生産されたソ連のIL-2対地攻撃機(画像:サンディエゴ航空宇宙博物館)。

1位:イリューシン IL-2対地攻撃機(ソ連)

 第2次世界大戦中に用いられた主要軍用機で最も生産数が多いのは、ソ連のイリューシン設計局が開発したIl-2対地攻撃機です。同機は1939(昭和14)年12月20日に初飛行し、1941(昭和16)年から1945(昭和20)年までの4年間で3万6183機が生産されました。

 エンジンからコクピットまでの機体外板が装甲を兼ねており、航空機としてはきわめて高い防御力を持つのが特徴です。そこから別名「空飛ぶ戦車」とも呼ばれました。

 なお、Il-2の愛称として「シュトルモビク」というのが比較的知られていますが、これは「襲撃機」や「攻撃機」を表すロシア語であり、同機以外の地上攻撃機でも用いられます。

2位:メッサーシュミット Bf109戦闘機(ドイツ)

 戦闘機として史上最も生産された機体は、ドイツのバイエルン航空機製造が開発したBf109(Me109)です。1935(昭和10)年5月28日に初飛行すると、1936(昭和11)年から1945(昭和20)年までに3万3984機が生産されました。

 また、大戦後にはチェコスロバキアやスペインで、独自改良のアヴィアS-199やイスパノHA-1109/-1102などが生産されています。これらも含めると、その数は3万4852機になります。

 なお1938(昭和13)年に、バイエルン航空機製造から設計者のメッサーシュミットが独立したため、以後Me109という呼称も使われるようになります。Bf109とMe109の両方の呼称があるのはそういう理由からです。

【写真】イギリスの国籍標識を付けたドイツ製Bf109

 
    
 
    

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

1件のコメント

  1. スピットファイアーの写真は何型ですか?