ツイてない! とも言い切れない3発機「MD-11」 旅客型はなくなるも貨物型は健在のワケ

旅客型はなくなった「MD-11」貨物型では現役の理由

 ところがこのMD-11、貨物型としては2020年現在も飛び続けています。

 これに大きく関わっているのが、アメリカの貨物専用航空会社、フェデックスとUPSです。一般的に貨物航空会社が用いるモデルは、エンジンが多いぶんパワーがあり最大離陸重が上がることから、旅客機と比べて、3発機、4発機などが好まれる傾向にあります。

Large 200522 md11 02

拡大画像

UPSのMD-11F型機(画像:BriYYZ[CC BY-SA〈https://bit.ly/2ZDGCzx〉])。

 こうしたことに加え、MD-11は中古でほかの航空会社から購入しても、まだ機齢が若く状態もよかったことなどから、フェデックスとUPSは、おもにMD-11旅客型の中古機を1990年代後半ごろから、いってしまえば「爆買い」し貨物機として使います。製造機数の6割にもなる120機のMD-11が、この2社のどちらかに所属する機体となったこともありました。なお、JALで使われていた10機のMD-11はすべてUPSに売却され、貨物機に改造されています。

 MD-11とともに、従来型のDC-10も併用していたフェデックスは、DC-10を改造してMD-11と同じようにふたり体制の運航を可能にし、パイロットの操縦免許も共通化させた「MD-10」という貨物型も運用しており、その重用ぶりがうかがえます。

 2020年現在、MD-11の貨物機はまだ現役ではあるものの、ボーイング777F(「F」は貨物専用機を表す「フレイター〈freighter〉」のF)など後発で、同程度の積載量である双発機の台頭などにより、その活躍の場を減らしつつあります。フェデックス、ドイツのルフトハンザカーゴなどは、MD-11の退役させる方針を発表済みです。

 一方それら2社とは違う方針をとっているのがUPSです。同社は2020年5月、公式Twitter上で、調達元は明らかになっていないものの、2021年までに5機のMD-11を追加購入すると公表しています。

※一部修正しました(5月26日20時30分)。

【了】

【写真】見比べるとMD-11と少し違う DC-10改造の「MD-10F」

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント