下りを新線に切り替え 老朽化の首都高1号羽田線更新事業 6月16日次のステップへ

「造り替え」事業、進んでいます!

Large 200610 haneda 01

拡大画像

1号羽田線、東品川付近。下り線が更新線へ切り替えられる(画像:首都高速道路)。

 首都高速道路は2020年6月10日(水)、1号羽田線の老朽化にともなう更新事業を行っている「東品川桟橋・鮫洲埋立部」約1.9kmについて、16日(火)午前1時に下り線を新設した「更新線」へ切り替えると発表しました。

 東品川桟橋・鮫洲埋立部は、開通から半世紀以上を経て老朽化していることから、交通を止めずに、この区間をそっくり新線へ造り替えるという事業が2016年から行われています。

 これまで、まず山側に迂回路を新設し、上り線をそちらに切り替え、旧上り線を撤去し、そこへ更新線の一部を建設するというステップを経ています。今回は、その更新線へ下り線を切り替えるという段階です。

 今後は旧下り線を撤去のうえ、そこへ更新線をさらに建設し、上下線とも更新線を通行する形になります。現在、上り線として使用されている迂回路は撤去される予定です。

 なお、首都高速道路によると、今回の交通切り替えにともないカーブの形状などが変わるため、「安全運転に心がけていただきますようお願いいたします」としています。

【了】

【詳細図解】羽田線「造り替え」ステップ

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

1件のコメント

  1. 写真の中に上り車線のための迂回ルートは写っていますか ? 有れば矢印と注釈の追加をお願いします。