米海軍曲技飛行チーム「ブルーエンジェルス」所属 「異色」の機体が務めた役割とは?

歴史あるアメリカ海軍のアクロバットチーム「ブルーエンジェルス」は、その名の通り代々、青い機体を使用していますが、なかには例外もありました。黄色地に青の文字、そして、どこかで見たような赤い丸を掲げていたといいます。

「ブルーエンジェルス」なのに青くない機

 2020年6月3日(水)、ボーイングはアメリカ海軍のアクロバットチーム「ブルーエンジェルス」向けのF/A-18E/F「スーパーホーネット」初号機を引き渡したと発表しました。引き渡しの時点では「ブルーエンジェルス」の専用塗装は施されておらず、飛行試験と評価ののち、問題がなければ塗装するようです。

Large 200609 ba 01

拡大画像

アメリカ海軍のアクロバットチーム「ブルーエンジェルス」。2020年6月現在の使用機種はF/A-18C/D「ホーネット」戦闘機(画像:アメリカ海軍)。

 青地に黄色の文字やラインが入った塗装が「ブルーエンジェルス」の機体外観における特徴ですが、過去には逆に黄色い胴体に青字を入れた機体もありました。しかも、当初は日の丸のようなものを描いた機体もあり、それを使って模擬空中戦を披露したこともあったそうです。

「ブルーエンジェルス」が創設されたのは、第2次世界大戦直後の1946(昭和21)年4月24日です。創設の目的のひとつに、大衆へのアメリカ海軍のPR、すなわち大戦終結後も海軍に対してアメリカ国民が関心を持ち続けるようにすることが含まれていたため、初期には編隊飛行や曲技飛行だけでなく、大戦中の空の戦いを再現した模擬空中戦も含まれていました。

【写真】「ブルーエンジェルス」のカラーリングをまとった「ファントムII」

 
    
 
    

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント