ドラマと違う救援便パイロットの裏側 国から表彰のANA「武漢チャーター」乗員に聞く

2020年1月、新型コロナ下の中国 武漢へ邦人救出のためチャーター便を運航したANAが、外務省から感謝状を受け取りました。TVドラマでは「機長のご指名」でパイロットが決まるエピソードもありましたが、実際にはどうだったのでしょうか。

航空会社初の「感謝状」 767での計5便

 ANA(全日空)のパイロットを木村拓哉さんが演じるTVドラマ『GOOD LUCK!!』(TBS)のなかで、木村さん扮する副操縦士が該当便の機長から指名され、「救援チャーター便」を担当するエピソードがありました。実際の救援チャーター便では、どうだったのでしょう。

 ANAが2020年1月に運航した、新型コロナ流行下の中国 武漢への邦人救援チャーター便、これを担当したパイロットやCAなどの記者会見が、2020年6月23日(火)に開かれました。同日、航空会社では初めてという、チャーター便運航に対する茂木敏充外務大臣からの感謝状がANAに贈られ、これを受けてのものです。

Large 200623 ana 01

拡大画像

ANAの武漢チャーター便と同モデル、ボーイング767-300型機(2019年、乗りものニュース編集部撮影)。

 当時、ANAが救援チャーター便を担当したのは、新型コロナ発生以前から武漢への定期便を運航しており、地上係員などの体制が整っていたため、といわれています。また使用された飛行機はボーイング767-300型機でしたが、ANAによると、これも定期便で運航されていたモデルであり、現地の受け入れ体制が整っていることが、救援チャーター便で使用機種に選ばれた理由とのことです。

 1月29日に羽田空港へ到着した救援チャーター初便の機長を務めたのは、フライトオペレーションセンター B767部の副部長、支倉暢彦機長です。日ごろから管理部門との調整を行っており、チャーター便が運航されるまでのプロセスを知っていることから「自然に」初便のフライトを担当することになったと話します。

 武漢への救援チャーター便はこのあと、2月17日まで計5便が運航されました。旅客便は機長と副操縦士のふたりで運航されることが一般的なことから、少なくとも10人が必要となるわけですが、これらの担当者はどのように選定されるのでしょうか。

この記事の画像をもっと見る(2枚)

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント