さらば元ANAのB737-500「スーパードルフィン」 ラスト1機が「花束持って」日本出発

ANAを退役したボーイング737-500型機「スーパードルフィン」。最後に残った3機のうち、ラスト1機が日本を離れました。「空飛ぶイルカ」の飛ぶ姿を見るのは最後になるであろう、その様子を見てきました。

2020年6月に全機退役のB737-500「スーパードルフィン」

 ANAウイングスから全機退役したボーイング737-500型機「スーパードルフィン」。そのラスト1機(機番:JA307K)が2020年8月4日(火)の午前8時すぎ、羽田空港を発ち、中国江蘇省の南通興東空港に向かいました。

Large 200803 307k 01

拡大画像

羽田空港を出発するANAボーイング737-500型機「スーパードルフィン」(2020年8月4日、乗りものニュース編集部撮影)。

 ANAグループのボーイング737-500型機は1995(平成7)年に、当時のANK(エアーニッポン。2012年にANAと合併)で導入されたモデルです。短いことから太く見えるその胴体などから「スーパードルフィン」の愛称を持ち、エンジンの側面にイルカのロゴが描かれているのがトレードマークです。北は利尻(北海道)から南は石垣(沖縄県)まで、おもに地方路線で最大25機が運航されていました。

「スーパードルフィン」が全機退役したのは、2020年6月14日の福岡発羽田行きNH254便です。当日は福岡空港での見送りイベントや、羽田空港での出迎えイベントも実施され、多くの人が展望デッキなどでそのラストフライトを見守っています。

 2020年に入り整備訓練専用に使われているものを除き、ANAグループに残っていた「スーパードルフィン」は3機。これらは2019年12月から、退役記念としてエンジンの「イルカ」に花束ステッカーが追加されました。それぞれ異なるデザインの花束をイルカが持っています。

写真で見る「空飛ぶイルカ」の最後の姿

最新記事

鉄道運行情報(外部サイト)

  • 「最新の運行情報はありません」

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント