特急「あそぼーい!」熊本から到着! 豊肥本線が全線運転再開 熊本地震から約4年4か月

熊本~大分・別府間の特急もついに復活!

Large 200808 jrqhouhi 01
豊肥本線の復旧区間を走り阿蘇駅に到着した特急「あそぼーい!」(右)(画像:JR九州)。

 九州の熊本と大分を結ぶJR豊肥本線が2020年8月8日(土)、およそ4年4か月ぶりに全線で運転を再開しました。

 豊肥本線は2016年4月の熊本地震やその後の豪雨で大規模な斜面崩壊や土砂流入、落石、地盤変状といった被害が生じ、肥後大津~阿蘇間27.3kmが長期にわたり不通になっていました。

 8日(土)にその肥後大津~阿蘇間が復旧し全線で運転を再開。特急「九州横断特急」は被災前と同じ熊本~別府間で運行が再開し、特急「あそぼーい!」は全線再開前の阿蘇~別府間から熊本~別府間に運転区間を拡大しました。復旧区間を含む熊本~宮地間では特急「あそ」が新設されています。

 運転再開当日の一番列車は宮地発、肥後大津行きの普通列車で、JR九州によると阿蘇駅(熊本県阿蘇市)からは20人の利用者が乗車し、5時30分に出発しました。

 10時30分過ぎには、熊本発、別府行きの特急「あそぼーい!」が復旧区間を通り阿蘇駅に到着。地元の人々とゆるキャラの「くまモン」「あか牛くん」、そして阿蘇駅名誉駅長の「くろちゃん」たちが「あそぼーい!」を歓迎しました。

 なお、熊本地震で同様に被災した南阿蘇鉄道高森線は、豊肥本線に接続する立野駅から途中の中松駅までの10.5kmが現在も不通となっています。立野~高森間の全線再開は、2023年夏頃になる見込みです。

【了】

【写真】朝一番の始発列車、再開区間に向けて出発!

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント