ボンネットバスにまさかのEV!? レトロさそのままに進化 目的はエコにあらず

埼玉県川越市で日本唯一の「電気ボンネットバス」が走っています。昔のバスに見られたボンネットのあるレトロなスタイルを、環境に優しい電気バスを改造して再現したというもの。ただ、導入目的は単なる「エコ」ではありません。

電気ボンネットバスには「エンタメ機能」も備わる

 昭和の時代によく見られた、車体前方にボンネットを有する「ボンネットバス」、そのレトロなスタイルから観光の目玉として各地で導入されていますが、埼玉県川越市では最新式の、それもEV(電気自動車)のボンネットバスが走っています。

 この「電気ボンネットバス」は、川越市内の「小江戸巡回バス」を運行するイーグルバス(川越市)が2020年6月に日本で初めて導入したものです。もともと3月の「小江戸川越春祭り」に合わせて運行を開始する予定でしたが、新型コロナの影響でイベントが中止になり、3か月遅れの導入になりました。

Large 200817 evbus 01

拡大画像

「小江戸巡回バス」として走るイーグルバスの電気ボンネットバス(2020年8月、中島洋平撮影)。

 実は、いま全国で走るボンネットバスは、必ずしも「昔のバス」ではありません。市販のマイクロバスを改造し、エンジンをわざわざ車体後部から前部に移設してボンネットを構築したものもあります。イーグルバスも1997(平成9)年から、そのようなボンネットバスを小江戸巡回バスで運行してきましたが、同社の創業40周年を機に、EVの最新型へ置き換えたのです。

 青色と赤色の2両からなる電気ボンネットバスは、中国・アジアスター社製の電気バスをベースに、日本で改造した同社オリジナルの車両だそうです。以前の車両は全長6720mm、全幅1990mm、全高2720mmの小型バスでしたが、今回はそれぞれ7540mm、2360mm、2990mmに拡大。中型バス区分となり、乗車定員も26人から41人にアップしているといいます。

 また、乗降扉の開口幅も拡大しており、バリアフリー対応の可動式リフトが、車体の後部から乗降扉のステップ下へ格納される形になりました。車いすでも乗りやすくなっているそうです。

 EVなので、もちろん排気ガスはゼロ。1回の充電で約200km、エアコンフル稼働時でも約150km走行でき、アイドリング時の車内騒音は25%低減されているとのこと。さらに、夜は車体下とボンネットフード内がライトアップされ、幻想的な雰囲気を醸し出すといった“エンタメ機能”も備えています。

【写真ギャラリー】電気ボンネットバス車内/車体ライトアップ時

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

1件のコメント

  1. エンジンを後部から前部?そんな改造申請の構造変更あったかな?
    マイクロバスでリヤエンジンとなると日野リエッセ?先代のRB型か?
    ん〜、NISSANシビリアンならキャブオーバー登録で元から前部エンジンなんだけどな。
    有り得る改造としては運転席を前軸後ろに移してボンネット形状を形成する車枠の構造変更しか思い浮かばないけどな。
    それならペラシャフトなどの改造も無く可能だけど、ボンネット形状を形成するに原動機を前に移すとなると相当な補強と特別な部品が必要になるけど?