ブラジル空軍 自国パイロットの手でグリペンE戦闘機の初フライトに成功

ブラジル空軍で「グリペンE」戦闘機の運用が始まるまであと少し。

 ブラジル空軍は2020年8月20日(木)、サーブ(SAAB)製の新型戦闘機F-39「グリペンE」に関して、初めて自軍パイロットの操縦で初飛行に成功したことを発表しました。

 操縦はクリスティアーノ・デ・オリベイラ・ペレス空軍少佐が行い、サーブの生産拠点があるスウェーデン南部のリンシェーピングの飛行場を離陸した「グリペンE」戦闘機は、約50分間バルト海上空を飛行したとのことです。

Large 200824 jas39e 01

拡大画像

滑走路にむかうブラジル空軍のF-39「グリペンE」戦闘機(画像:サーブ)。

 ブラジルは2014年に、JAS39「グリペン」戦闘機の最新タイプであるE/F型を導入することを正式に決め、2019年9月10日に同国向けの生産初号機が初飛行しています。しかし、このときはサーブに所属するスウェーデン人テストパイロットの手によるものでした。

 ブラジル空軍の発表では、クリスティアーノ少佐は今回の初飛行のために1月からリンシェーピングでシミュレーターを含む様々なトレーニングを受けてきたとのこと。なお「グリペンE」戦闘機は、将来的にブラジル国内でもライセンス生産される計画のため、今後は技術移転も予定されています。

【了】

【写真】離陸成功! 尾翼に大きくブラジル国旗を描いた「グリペンE」

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント