路上作業員の守護神「ハイウェイ・トランスフォーマー」登場! 車体伸び全長23m

「ハイウェイ・トランスフォーマー」を名乗る、高速道路の作業車が登場しました。文字通り「形」を変えられ、最大全長23m以上になるという大型車両、その役割は「人の楯」になることです。開発の背景には路上作業員が抱える切実な課題がありました。

現場へ到着し「トランスフォーム」!

 NEXCO中日本が2020年8月26日(水)、高速道路の新しい維持作業車「大型移動式防護柵車両」を報道陣へ公開しました。

 この車両は、交通規制をともなう路上作業における作業員の安全性を確保するために開発された、いわば「防護柵に変身するクルマ」です。走行時は全長16mほどのトレーラーですが、作業現場に到着すると、その姿を変えていきます。

Large 200826 trans 01

拡大画像

ビームなどを展開した「ハイウェイ・トランスフォーマー」。全長は23mを超える(2020年8月26日、中島洋平撮影)。

 まず車両後端の衝撃緩衝装置を展開させます。この部品はアメリカ製で、「2.5tのクルマが80km/hで突っ込んでも、運転者が重傷を負わない」という基準を満たしているものだそう。次に、トレーラー中央部の外壁にあたる保護ビームを、車両の左右どちらかに移動させることで作業スペースをつくります。さらにトラクターを少しずつ前進させて保護ビームを伸ばし、作業スペースを拡大。すべて展開した場合の全長は23.35mになりますが、この長さは高速道路で用いられる作業車としては最大級といえます。

 このように車体構造を変形(トランスフォーム)させることから、今回、この車両には「ハイウェイ・トランスフォーマー」という名称がつけられました。

 この車両は、NEXCO中日本グループの中日本ハイウェイ・メンテナンス名古屋(以下、メンテ名古屋)が、特殊車両のメーカーである東邦車輛と共同開発したオリジナル車両です。開発には約2年かかったものの、誕生の背景には高速道路の路上作業員が抱える切実な課題があったのです。

【写真でたっぷり】車体が伸びる「トランスフォーム」一部始終

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

1件のコメント

  1. 三重ナンバー。川越っぽいな。
    ここに行けば見られるかな?