海上自衛隊の記事一覧

  • 自衛隊観艦式、総理乗艦の「くらま」から見えた風景

    10月18日に行われる「平成27年度自衛隊観艦式」。当日は安倍総理が“観閲官”として、“観閲艦”「くらま」に乗艦する予定です。その総理が乗る観閲艦「くらま」から、この式典はどのように見えるのでしょうか。先だって行われた“予行”で、その風景を取材してきました。

  • 約35年の歴史で初 「チョロQ」に護衛艦が登場

    「チョロQ」およそ35年の歴史で初めて、海上自衛隊の護衛艦が登場しました。

  • 電車が海自一色に 観艦式広告が話題

    海上自衛隊が10月18日に行う「平成27年度自衛隊観艦式」。その広告が電車を1編成まるまる埋め尽くすなど、話題になっています。

  • 洪水救助で活躍 悪天候に強いヘリ「ブラックホーク」、その実力

    2015年9月、北関東・東北を襲った記録的大雨により甚大な被害が発生しました。そうしたなか、多くの人々を救助したのが自衛隊のヘリ「ブラックホーク」です。その優れた性能がいかんなく発揮されています。

  • 機動戦闘車、無人機 平成28年度防衛予算、その内容は

    防衛省が、平成28年度防衛予算の概算要求を公表しました。無人機RQ-4「グローバルホーク」や「機動戦闘車」の導入などが予定されていますが、そこにはどんな背景があり、また自衛隊は今後、どうなっていくのでしょうか。

  • 新護衛艦「かが」に中国反発必至か 大きな「加賀」という艦名

    8月27日、海上自衛隊の新しいヘリコプター搭載護衛艦が、「かが」と命名されました。この「かが」は歴史ある艦名ですが、その知名度、武勲ゆえに中国から大きな反発を受ける可能性があります。

  • 英国の空を飛んだ海自P-1 そこにある歴史的意味

    2015年7月、海上自衛隊のP-1哨戒機がイギリスのエアショーで飛行展示を行いました。イギリスで海自機を飛ばしたことにはどんな背景、また目的があるのでしょうか。またそこには、歴史的な日本とイギリスの関係も見えてきます。

  • 「アクアライン探検隊」隊員募集 海上自衛隊「迎賓艇」の見学も

    子どもから大人まで高い人気を誇り、昨年は43倍もの抽選倍率になった「アクアライン探検隊」の募集が、6月20日からスタート。海底トンネルや海ほたる、海上保安庁の巡視艇「たかたき」、海上自衛隊の特務艇「はしだて」の船内などを探検できます。

  • ヘリ空母「いずも」 根拠が乏しいF35搭載論

    3月25日に就役した海上自衛隊の護衛艦「いずも」について、「空母」ではないか、戦闘機F35の運用も可能ではないか、といった議論が起きています。しかし「いずも」と日本の状況を考えると、そうした議論はあまり意味が無いかもしれません。

  • 帰国途中だった護衛艦 エアアジア機捜索を終了し日本へ

    昨年12月28日にインドネシア沖で墜落したエアアジア8501便。アフリカからの帰国途中にインドネシア政府より支援要請を受け活動していた日本の護衛艦は1月3日以降、遺体4体を収容。1月9日に活動を終了し、今月下旬に日本へ戻ります。

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」