線路が余ったのか? ポイントからちょっとだけ延びた部分 何のため?

本線とは違う方向に、ポイントから少しだけ延びた線路。すぐ行き止まりになるものですが、長い線路が余ったので仕方なく処理されたのではありません。実はこの線路、万が一の時に重要な役割を果たします。

ちょっと延びた線路は「安全側線」

 線路が分岐するポイントを見ると、本線が続く方向とは別に、数mだけちょっと延びて行き止まりになる線路が設けられていることがあります。敷設する際に線路が余ってしまい、仕方なく処理した名残に思えるかもしれませんが、何なのでしょうか。

Large 201007 passive 01

拡大画像

左側に突き出ているのが安全側線。単線の路線では対向列車との正面衝突を防ぐ(画像:写真AC)。

 結論をいうと、これは「安全側線」といい、列車を“あえて”脱線させるための設備です。とはいえ、鉄道において脱線はあってはならないこと。それを発生させることが「安全」とは、いったいどういうことなのでしょうか。

 安全側線は、ブレーキ故障や運転士の信号見落としなどにより、列車が所定の位置に止まれなかったり、駅から発車してしまったりした時、列車が緊急避難的にここへ進入して脱線、停車するものです。「誤って進み続ける列車がほかの列車と衝突して二次災害を引き起こすよりは、列車を未然に単独で脱線させた方がまだ安全」という考え方に基づきます。発生してしまう事故の被害を最小限に抑え、「まだマシな方」を選択するわけです。

【写真】その名も「安全側線」 設けられた場所を見る

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

2件のコメント

  1. 未然に単独で脱線したが隣の線路を塞いだというのもありましたね。それと新幹線では車庫から本線に出る箇所にだけはもうけられていることがあります。

  2. 付けられた時代もあったんだろうが、「安全側線」とは、どう考えても安全じゃないのにネーミングがちょっとズレてる感じ。
    「非常側線」とか「緊急側線」とかの方が良いんじゃないかな。