北海道新幹線210km/h走行 年末年始に青函トンネル内で「はこだてライナー」時刻変更も

最速で東京~新函館北斗間を3時間55分で結びます!

Large 201014 tunnel 01

拡大画像

北海道新幹線(画像:写真AC)。

 JR北海道は2020年10月14日(水)、青函トンネル区間における北海道新幹線の速度を、2020年12月31日(木)から翌2021年1月4日(月)までの5日間に限り、210km/hに引き上げると発表しました。

 現在、北海道新幹線は在来線との共用区間を140km/h、長さ約54kmにわたる青函トンネル区間を160km/hで走行しています。これは貨物列車も走行するためです。今回の速度引き上げは、貨物列車のすれ違いが少ない年末年始に行われます。対象の新幹線は上下14本です。これにより東京~新函館北斗間の所要時間は、現行の約4時間10分から最速で3時間55分に短縮されます。

 なお、これにともない函館本線の函館~新函館北斗間を走る「はこだてライナー」11本の時刻が変更されます。

 JR北海道は北海道新幹線の札幌~東京間を、最速4時間半で結ぶことを目指しています。特に新函館北斗~札幌間を320km/hで運転できるよう、防音壁や高架橋の強化などの追加工事を同社負担で行うとしています。

【了】

【ダイヤ】北海道新幹線と「はこだてライナー」の接続はどうなる?

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント