11月の道路工事なぜ多い? 渋滞注意の大工事が目白押し 首都高 阪高 名高速etc

2020年11月は、首都高や阪神高速、名古屋高速などで激しい渋滞が予想される大工事が相次ぎます。「Go Toトラベル」の本格化で交通量が増えているなかですが、11月は例年、こうした道路工事が多くなる傾向があるのです。

「Go Toトラベル」に水を差す? 道路工事の多さ

「Go Toトラベル」に東京都も追加され、人の動きも活発になった2020年10月は、高速道路の混雑も激化しました。10月28日(水)に定例会見を行ったNEXCO東日本によると、週末には30kmを超える渋滞も頻発しているとのこと。まさにゴールデンウイークのような状況が毎週のように起こっています。

 加えて11月は、局地的にさらに渋滞する可能性があります。というのも、通行止めをともなう大工事が各地で相次ぐからです。

 たとえば名古屋地区では、10月31日(土)から11月8日(日)までの日程で、名古屋高速C1都心環状線の一部を終日通行止めにするリフレッシュ工事が行われています。これが終わると9日(月)から29日(日)まで、名二環(名古屋第二環状道)名古屋IC~名古屋西JCT間の集中工事が行われ、昼夜連続の車線規制やIC、JCTの夜間閉鎖、通行止めが発生します。

Large 201102 const 01

拡大画像

名古屋高速(上)も阪神高速も、「環状線」の通行止めをともなうリニューアル工事が11月に行われる(画像:名古屋高速道路公社/阪神高速道路)。

 大阪ではこの11月、「約20年ぶりの大工事」が控えています。11月10日(火)から20日(金)までの10日間、阪神高速1号環状線の一部通行止め工事が行われ、これに接続する12号守口線の一部区間はさらに27日(金)まで通行止めが続きます。環状線の通行止めは、阪神高速だけでなく、大阪の交通の心臓部を止めるといっても過言ではありません。

 首都高では、11月下旬に重要区間の工事規制が集中します。22日(日)には3号渋谷線(下り)の渋谷入口および大橋JCTの一部(3号線→C2)が24時間閉鎖され、渋谷~大橋JCT間は1車線規制に。29日(日)は11号台場線(レインボーブリッジ)下り線の24時間通行止め、上り線の1車線規制が実施されます。

【画像】とにかく多い! 高速道路 11月の主な工事

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント