米政府がUAEへF-35の輸出承認でミグ悲鳴 やめて! MiGのヒットポイントはもうゼロよ!

アメリカからUAEへの、F-35戦闘機輸出計画が動き出しました。中東のパワーバランスなどに影響するものと見られますが、何より慌てているのがロシアのミグ(MiG)かもしれません。その名が消滅する可能性も。どういうことでしょうか。

イスラエルが首を縦に振ったから…ミグ消滅の危機?

 アメリカ連邦議会下院のエリオット・エンゲル外交委員長は2020年10月29日(木)、トランプ政権が連邦議会に対して非公式に、UAE(アラブ首長国連邦)へのF-35売却計画について通知していたことを明らかにしました。

Large 201103 mig 01

拡大画像

スウェーデン空軍博物館に展示されているMiG-15。戦闘機の歴史を語るうえで「ミグ」の名は外せない(竹内 修撮影)。

 UAEやバーレーンなどの湾岸産油国は、これまでも何度かアメリカに対してF-35の購入を打診してきましたが、F-35の開発に情報保全パートナーとして参加しているイスラエルの強い反対によって実現してきませんでした。

 しかし2020年8月13日に、UAEとイスラエルが国交正常化に合意したことでこの状況は一変しました。イスラエルは、国交正常化を発表した時点ではF-35のUAEに対する輸出に難色を示していましたが、10月23日(金)にこれを覆し、輸出に反対しないとの声明を発表しています。アメリカ連邦議会が承認すれば、UAEは湾岸産油国として初めて、F-35を導入することとなります。

 UAEへのF-35売却に関して、一部のメディアは中東の軍事バランスを崩すのではないかとの懸念を示していますが、軍事バランスの崩壊とはまったく違うところで懸念を抱いているのではないかと思われる企業があります。その企業はロシアの名門戦闘機メーカーである「ロシアン・エアクラフト・コーポレーション・ミグ」(以下「ミグ」と表記)です。

【写真】ミグ凋落の一因か 湾岸戦争で惨敗したMiG-29戦闘機

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

1件のコメント

  1. LM「HA⭐︎NA⭐︎SE!」