「高速道120km/h時代」到来か 新東名145km一挙に最高速度アップ 何が変わる?

新東名高速の静岡区間およそ145kmで、6車線化の完了とともに最高速度が100km/hから120km/hに引き上げられます。これまで試行されていた区間の約3倍の長さで実施される最高速度の引き上げ、何をもたらすのでしょうか。

6車線化完了で速度引き上げも正式にGO

 新東名の静岡区間(御殿場JCT~浜松いなさJCT)が2020年12月22日(火)、全面的に6車線(片側3車線)運用となり、同時に最高速度が120km/hまで引き上げられます。東北道の一部(花巻南IC~盛岡南IC)では、すでに9月に引き上げが実施されていますが、今回はそれが145kmにもおよぶ区間で適用されます。

 新東名では2017年から、もともと6車線が確保されていた新静岡IC~森掛川IC間およそ50kmで、最高速度を110km/h、120km/hと段階的に引き上げる試行が実施されていました。

Large 201126 hikiage 01
新東名の6車線化工事区間。ここも最高速度120km/hとなる(画像:NEXCO中日本)。

 この区間と、前出した東北道の2か所での試行結果を踏まえ、警察も引き上げに向けた制度改正を行い、新東名では6車線化の完成とともにGoとなるわけです。ただし大型車については、普通車よりも低い最高速度80km/hのまま据え置かれます。

 6車線化の整備効果としてNEXCO中日本は、物流の効率化や走りやすさ、東名に対する代替ルート機能の強化などを挙げますが、最高速度の引き上げに関する効果には言及していません。どのようなことが考えられるのでしょうか。

【地図】新東名および今後の速度引き上げ候補区間

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

1件のコメント

  1.  自車の速度をきちんと把握している運転手は法令遵守の意識がかなり高いか、運転技術を極めようとしている人か、日常的に警察を気にしている人

     それ以外はなんとなく その人が安全そうだと思う、適切だと感じる速度で走る

     制限が変わっても「なんとなく」の感覚は変わらないので速度は変わらない。