台湾人8000人による都道府県「認知度」ランキング 栃木が最下位に 「行きたい」も苦戦

台湾人の「行ってみたい都道府県」1位は北海道でした。

「コロナ禍収束後に行ってみたい県は?」

Large 201209 taiwan 01

拡大画像

最下位になった栃木県にある第二いろは坂(画像:Fabio Formaggio/123RF)。

 台湾人が回答した日本の都道府県「認知度」ランキングは、首位が東京、最下位が栃木――。

 台湾・香港人向けの日本情報サイト「ラーチーゴー!日本」を運営するジーリーメディアグループ(東京都渋谷区)が2020年12月9日(水)、サイト閲覧者を対象としたアンケート調査結果を発表しました。

 調査は11月に実施。回答数は8449で、うち98%が訪日経験者であり、さらにそのうち約4割が過去に9回以上訪日している“常連客”です。

「コロナ禍が収束したら行ってみたい都道府県」(複数回答)は、北海道(58.29%)が首位に。以下、東京(38.31%)、京都(36.73%)、青森(30.41%)、大阪(30.10%)と続きます。一方ワースト5は、三重(5.54%)、石川(5.18%)、栃木(5.15%)、山口(4.62%)で、最下位は福井(3.98%)でした。

 目的の都道府県でしたいこと(複数回答)は、1位が「日本食を食べたい」(87.4%)で、以下、自然・景勝地観光(83.1%)、四季を体感(67.3%)、温泉(61.8%)、日本の日常生活体験(57.7%)、旅館宿泊(55.6%)と続きます。一方で、舞台・音楽鑑賞(9.0%)、スポーツ鑑賞(5.3%)などは少数でした。

【結果】台湾人による「行ってみたい」「認知度」都道府県ランキング

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

1件のコメント

  1. 外国人に「県」を意識させるかね?フランスにも県はあるけど日本人は意識してるかね?