北陸新幹線 雪に強いはずでは? なぜ雪で初の運休に「雪に強い新幹線」想定超えた大雪

雪に強く造られている北陸新幹線で、雪のため「かがやき」「はくたか」が運休するという事態が初めて発生しました。新幹線は在来線より雪に強いことが特長で、北陸新幹線も対策が行われていましたが、今回は何が起こったのでしょうか。

初めて雪で運休

 北陸新幹線「かがやき」「はくたか」が大雪の影響で運休するという出来事が、2021年1月9日(土)と10日(日)に発生しました。2015年3月に長野~金沢間が延伸開業して以来、初めてのことです。

 新幹線は、在来線と比べて「雪に強い」というのも特徴のひとつ。簡単にいえば降雪地帯の新幹線は、線路などが大雪が降っても安全・安定運行できるような構造に、そもそもなっているからです(詳細は後述)。

 それでも、富山県と新潟県で積雪の基準値を超える見込みになり、運休せざるを得なくなった今回の大雪。「雪に強い新幹線」でも想定以上の異常事態だったことが推測されます。

Large 210111 hokuriku 01
降雪の中を走る北陸新幹線E7系のイメージ(画像:pixta)。

 なお、東海道新幹線の運行が関ヶ原付近で雪の影響を受けやすいのは、東海道新幹線は最初の新幹線路線であり、当初想定していた以上に1964(昭和39)年10月の開業後、雪の影響が現れるなどしたためです。

 これを受けて、東北や上越といった以降の新幹線は先述のように、線路自体がそもそも雪に強い構造にされるなどしました。また東海道新幹線でもその後、散水して雪の舞い上がりを減らすスプリンクラーの改良や新型除雪車の投入といった、その影響を減らす工夫が続けられています。

 また山形新幹線の福島~新庄間、秋田新幹線の盛岡~秋田間は、「新幹線」と呼びますが実際は在来線であるため、この記事でいう「新幹線」に含みません。

【図解】在来線とまったく違います「雪に強い構造」である北陸新幹線の線路とは?

最新記事

鉄道運行情報(外部サイト)

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

Leave a Reply to よーたん Cancel reply

3件のコメント

  1. あれだけ降れば仕方ないよ、新潟新幹線や九州新幹線が地震で脱線したときも安全神話が崩壊?みたいな話があったけど少しでも鉄道知識があれば解る話なんだけどね。

  2. 雪対策の設備の問題以外に、雪が地域によって違うので、想定した以上に降ったから、運行を止めたのでしょう。北海道や東北北部の雪は、比較的湿り気の低く軽めの雪で融雪装置でも対処出来たり、車両で雪を飛ばせますが、北陸や上信越で降雪する雪は、湿り気が高く重いので、車両で飛ばすのにも限界があるし、融雪装置でも解けるのに限界があるので、運行をやめたというのが、正しいでしょう。
    重い雪は、どのような除雪装置でも対応できる限界があるので、運行をやめたということです。
    東北新幹線については、雪よりも風で止まるということが多いです。

  3. まさに日本人の「平和ボケ」なんだろうね。いくら科学技術が進んだといえ自然に勝てると思ったら大間違いで、目に見えないちっぽけなコロナで世界的大混乱でしょ。
    今まで大雪でも無事に列車が運行できていたのは、影でいろんな人が大変な努力をしており、それプラス莫大なお金が注ぎ込まれていたからであり、それを忘れて「なぜ止まる」は本末転倒。
    ただしこれからは、そうした人も金もなくなる時代だから、何かしら我慢しなきゃいけない。大雪が降ったらチョロチョロせずじっとするのが当たり前にしないと。