「ブルーインパルス通り」誕生 なぜ通りの名前にまで? 「らしさ」溢れる現地

宮城県東松島市に新たに「ブルーインパルス通り」ができました。全国に「自衛隊前駅」や「自衛隊通り」はあったものの、固有の組織名が付いた通りはあまり聞いたことがありませんでした。いったい、どんな道路なのでしょう。

「ブルーインパルス通り」は3路線の総称

 2020年12月24日、宮城県東松島市において道路看板の除幕式が行われました。その名も「ブルーインパルス通り」。航空自衛隊のアクロバット飛行チーム、「ブルーインパルス」の名を冠したストリートというわけです。

Large 210122 bist 01

拡大画像

矢本駅近くに立てられた「ブルーインパルス通り」の愛称看板(乗りものニュース編集部撮影)。

「ブルーインパルス通り」は、東松島市が市制施行15周年の記念事業として行ったもので、JR仙石線矢本駅から、航空自衛隊松島基地の若松門までを結ぶ区間の道路愛称です。

 駅と基地を結ぶ道路は、県道矢本停車場線、市道矢本駅前線、市道新沼54号線の3路線からなり、総延長は約600m。市の中心部を南北に貫き、松島基地航空祭や東松島夏まつりなどの地域イベントではメインの動線となることから、今回、愛称を付けたといいます。

 道路愛称は、公募で集まった198案のなかから審査によって選定されたそうで、12月の除幕式には愛称名が採用された方々(同一名称応募者)も参加していました。

 なぜ、ブルーインパルス通りなのかというと、航空自衛隊松島基地が「ブルーインパルス」の母基地、マザーベースだからです。ここを拠点に「ブルーインパルス」は全国に展開しており、また周辺空域を使って日夜訓練を行っています。

 そのため日によっては、基地の周りに「ブルーインパルス」目当ての一般市民が集まっていることもあります。

【写真】足元で編隊組んでる! オリジナルデザインのマンホール蓋

最新記事

鉄道運行情報(外部サイト)

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント