「流氷物語号」×『オホーツクに消ゆ』 コラボグッズ販売 キャラパネル設置 JR北海道

最終2日間は聖地巡礼ツアーも実施!

ゲーム舞台を巡るツアーも実施

Large 210128 toqpy 01

拡大画像

テレビゲーム『オホーツクに消ゆ』とのコラボで使われるキハ40形ディーゼルカー(画像:JR北海道)。

 JR釧網本線の網走~知床斜里間で2017年から冬季に運行されている観光列車「流氷物語号」が今冬、テレビゲーム『オホーツクに消ゆ』とコラボして走ります。

『オホーツクに消ゆ』は1980(昭和55)年代に販売されたアドベンチャーゲーム。網走など北海道のオホーツク海沿岸が舞台です。

「流氷物語号」は2021年1月30日(土)から2月28日(日)までの毎日、1日2往復運行。車両はキハ40形ディーゼルカー「道北 流氷の恵み」「道東 森の恵み」の2両が使われます。

 列車は『オホーツクに消ゆ』がデザインされたヘッドマークやサボを掲出。車内では、キーホルダー(1200円)やトートバッグ(1200円)、記念乗車証(200円)などコラボグッズが販売されます。さらに期間中は網走駅や知床斜里観光案内センターなどに、『オホーツクに消ゆ』オリジナルスタンプやキャラクターパネルが設置されます。

 ほかにも2月27日(土)から翌28日(日)にかけて、旅行商品としてファンミーティングも開催されます。これはゲームの舞台などを巡るツアーです。旅行代金は2万5300円から。最少催行人員は15人です。参加申し込みは東北海道トラベルで受け付けます。

 なお「流氷物語号」の運行初日は、午前9時半ごろから10分間ほど、網走駅で出発式が行われます。

【了】

【画像】懐かしい!? 『オホーツクに消ゆ』デザインのコラボグッズ色々

最新記事

鉄道運行情報(外部サイト)

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント