輸送ヘリCH-47「チヌーク」は後継も「チヌーク」! 新型で100年現役か 自衛隊は…?

自衛隊でも長年、運用されている輸送ヘリ「チヌーク」は、これまで何度かのアップグレードを実施したものの、米軍では最初期の機体がいまだ現役で飛んでいる例もあるとか。「100年現役」も絵空事ではない背景に迫ります。

「チヌーク」最新アップグレード その最も重要な点は…?

 2020年は、自衛隊が保有する重輸送ヘリコプターとしてもおなじみのボーイング社製CH-47「チヌーク」にとって、ひとつの区切りとなりえる年でした。2020年8月に第4世代型MH-47G「チヌーク・ブロックII」が、アメリカ陸軍へ引き渡され実働体制に入ったためです。

Large 210122 h47 01

拡大画像

2020年8月に配備が始まった新型「チヌーク」特殊作戦仕様、MH-47GブロックII。「チヌーク」ファミリーで「最も獰猛」な機体(画像:ボーイング)。

 この新しい「チヌーク・ブロックII」は、通常の重輸送機型であるCH-47Fと、敵勢力圏内で活動するために空中給油装置や充実した自己防御装置などを持つ高性能な特殊作戦仕様MH-47Gの2種類があり、アメリカ陸軍では当面、特殊作戦型を優先し配備する予定で、今後の「チヌーク」生産における主力となることが期待されています。

 第4世代型「チヌーク・ブロックII」は、既存の「チヌーク」に比べ様々な点において性能向上を実現しました。たとえば最大搭載量は、軽量で強度に優れる再設計された機体構造、より高い揚力を生み出すローターブレードと駆動システム、新エンジンの搭載などによって、現行型の第3世代型CH-47F「チヌーク(ブロックI)」の9tから、10tへと上積みされました。また燃料タンクの配置も見直され効率化が図られたことで、最大搭載量が増えたにも関わらず航続距離は減っていません。

 そしてこれらの性能向上に加え何よりも重要である点が、「大して変わっていない」ことです。

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

2件のコメント

  1. 「次を読む」ボタンを押すと広告が表示されるのが鬱陶しい。これでは読者は減るでしょう。

    • それ記事のコメントする必要あるの?広告について文句言いたかったら乗り物ニュースの運営にメール送れよ。