同一車両でよく似た名前、「ハマー」と「ハンヴィー」何が違う?

アメリカ製の大型SUVとして確固たる地位を確立した「ハマー」。源流はアメリカ軍採用の「ハンヴィー」なのですが、実はこのふたつの名前には明確な使用基準が存在します。

プロジェクト名がそのまま愛称になった「HMMWV」

 第2次世界大戦において大量に使用された小型4WD(四輪駆動)車である「ジープ」は、その設計の優秀さゆえに、その後、軍用4WD車の代名詞にまでなっていますが、その現代版ともいえる車両のひとつに「ハンヴィー(HMMWV)」があります。

Large 191007 hum 01

拡大画像

米軍は「ハンヴィー」を約20万台使用するが、現在の主流は装甲ボディに新型エンジンを搭載した改良型(画像:AM General)。

「HMMWV」とは、「High Mobility Multipurpose Wheeled Vehicle」の各単語の頭文字をつなぎ合わせて作った略語で、直訳すると「高機動多用途装輪車両」となります。この名前、実は計画名で、アメリカ陸軍が新型支援車両を開発しようとした高機動多用途装輪車両プロジェクトの計画名称が、そのまま愛称になってしまったものなのです。

 開発計画自体は1970年代後半から始まっており、この時「ジープ」だけでなく、ワンランク上の様々な支援車両も包含した複数装備の統合後継として計画されたため、従来の「ジープ」と比べて大きなボディサイズを持つことになりました。
 
 最初のコンペでクライスラー、テレダイン・コンチネンタル社、AMゼネラル社のアメリカ企業3社に絞られ、1982(昭和57)年5月までに各々11台ずつ試作車を陸軍に納入。約1年にわたる試験の後、AMゼネラル社のプランが採用され、制式採用されました。
 
 この時AMゼネラル社は、事前に愛称として「ハマー(HUMMER)」を商標登録していたのですが、開発中からアメリカ陸軍内ではプロジェクトの略称である「HMMWV」を「ハンヴィー」と呼称していたため、こちらの方が一般的となってしまい、その結果メーカーも「ハンヴィー」という呼び方を使うようになったのです。

【写真】さすが軍用 海水に浸りながらも走れる海兵隊仕様の「ハンヴィー」

画像ギャラリー

  • Thumbnail 191007 hum 04
  • Thumbnail 191007 hum 01
  • Thumbnail 191007 hum 02
  • Thumbnail 191007 hum 03

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. ハマーとハンヴィーが「よく似た名前」?
    「ハ」と「-」しか合ってないじゃん。
    ゴルフとゴルバチョフはよく似てるか?
    よく似てるよな、なんせ三文字も合ってるんだから!