どこまで本気? 観察者を悩ませる北朝鮮の新型戦車M-2020 映像から見て取れることは

車体はロシア戦車 砲塔はアメリカ戦車? 結局中身は…

 車体側面はサイドスカートですっぽり覆われていますが、映像では装甲のように見えずハリボテ感が否めません。転輪は7個あり、それまでの北朝鮮戦車より大型のようです。

 カメラ上を通過する映像から注目したいのは履帯(いわゆるキャタピラ)で、結合がそれまでのシングルピン方式(長い1本のピンで繋ぎ合わせる)から走行性能に優れるダブルピン方式(短い2本のピンで両側から繋ぎ合わせる)に替わっていることです。

Large 210217 nk 04

拡大画像

M-2020の底部。履帯はダブルピン結合、底面形状からトーションバーサスペンションではないかと推測される(画像:朝鮮中央テレビ)。

 砲塔は先述のようにアメリカのM1に似ているようで、やはり違います。砲塔下部にはロシア製アクティブ防御システム「アフガニート」を模したと思われるグレネードランチャーを装備。砲塔右側にはロシアの9M133「コルネット」対戦車ミサイルと思しき2基のミサイルランチャーがありますが、アメリカもロシアも戦車に対戦車ミサイルは外付けしません。

Large 210217 nk 05

拡大画像

ドローンや地上設置カメラなどの撮影方法が、中国の国慶節パレードの映像に似ており、中国中央電視台からの技術協力がうかがえる(画像:朝鮮中央テレビ)。

 砲塔上面には車長用パノラマサイト、リモートウエポンシステム、レーザー警報器、暗視カメラ、アクティブ防御装置用レーダーアンテナ、横風センサーなど、最新アイテムを取りそろえているように見えますが、中身はよく分かりません。

 主砲は従来の北朝鮮製戦車に見られた旧ソ連の2A20 115mm砲ではなく、ロシア製2A46 125mm戦車砲と見られます。車体を大型化し第3世代戦車をアピールしているのに、主砲も大口径化しなければ意味がないからでしょう。砲塔上のサイト配置から、砲塔内配置は右側前方に砲手、右側後方に車長、左側後方に装填手で、自動装填装置はないようです。決して体格が大きいとはいえない北朝鮮の戦車乗員にとって、120mm砲弾を手動で扱う苦労は想像するに余りあります。

Large 210217 nk 06

拡大画像

主砲はロシア製2A46 125mm砲と推定される(画像:朝鮮中央テレビ)。

 よく見ていくと車体下部や砲塔、車体に垣間見えるシルエットから、隠し切れない旧ソ連戦車の「風味」が漂ってきます。T-62をライセンス生産した「先軍号」の車体延長改修車ではないか、と推測します。

【画像】映像から見てとれるM-2020砲塔まわりのレイアウト詳細

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

2件のコメント

  1. ”ぼくのかんがえたさいきょうせんしゃ”という話だろうな。
    ごちゃごちゃし過ぎで重量も、使用電気量もそうといるから、エンジンの馬力をデカくしないといけないし、そうなると図体や搭載する燃料が…の悪循環になるのでは?

  2. こんなことよりさっさと国民のために良い政策の一つでもやれよ!