運航停止の「PW4000系エンジンを積んだ777」なぜ日本には多い? そもそもどんなもの?

国交省がP&W社の「PW4000」系列のエンジンを積んだ、ボーイング777の運航を一時停止しました。実はこのエンジンを積む777、世界的に見るとそこまで多くありませんが、日本では一挙に32機が対象に。どのようなエンジンなのでしょうか。

JALの13機、ANAの19機が対象

 2021年2月21日(日)夜、国土交通省が国内で運航しているボーイング777シリーズの一部の機体を対象に、運航停止の指示を出しました。停止対象になったのは、アメリカのP&W(プラット&ホイットニー)社製の「PW4000」系列のエンジンを搭載した777で、JAL(日本航空)13機、ANA(全日空)19機の合計32機が対象です。

 PW4000系のエンジンは、2020年12月にJAL機で、そして2021年にアメリカのユナイテッド航空機で片方のエンジンが大きく損傷し、引き返しとなる事象が発生。当面のあいだ、安全最優先の措置が講じられた形です。

Large 210225 77 01

拡大画像

JALボーイング777-200型機とANAのボーイング777-200ER型機(乗りものニュース編集部撮影)。

 JALもANAも、さらに多くのボーイング777シリーズを保有していますが、全機が運航停止でない理由は、対象にならなかった他の機体は違うエンジンを積んでいるからです。

 ボーイング777シリーズは、日本で導入されているものに限ると、初期モデルの-200型、胴体延長を図った-300型、航続距離延長を図った-200ER型、胴体延長と航続距離延長を図った-300ER型とおおまかに4つのサブタイプに大別され、最後の-300ER型を除くと、アメリカのP&W社「PW4000」系、同GE(ゼネラル・エレクトリック)社の「GE90」系、イギリスRR(ロールスロイス)社の「トレント800」系のいずれかのエンジンを積むことができます。

 そのため、ボーイング777シリーズでも、P&W社製以外のエンジンを積んでいる機体は運航停止の対象とはなっていません。

【写真】JAL機エンジントラブル後の町や機体の様子

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

6件のコメント

  1. あれ?
    たくさんコメントがあったはずですが??
    私の勘違いかな?

  2. 「ちなみにJALによると、「P&W社製のエンジンはファンブレード(回転して推力を生み出す羽の部分)が金属製であり、GE社の炭素繊維強化プラスチック製と設計が異なる」とのこと。GE社製では同様のトラブルが発生したことはないと公開しています。」との記述があるけど、
    ここでカッコ書きで追記してる「回転して推力を生み出す羽の部分」との表現はおかしいのでは?。

    『推力を生み出す』のではなく、『空気を吸入するための羽』じゃないのかね?。
    『推力を生み出す』との表現なら燃焼室から後ろ部分を指すだろうに、そんな高温をFRPが耐えられるのか?。

    それに『プロペラ航空機用のエンジン〜〜』とかも書いてるけど、それならレシプロ・エンジンと書くべきでは?。
    ターボ・プロップとの違いも判らないんだろうなぁ。

    機構をちゃんと理解して書くべきではないの?。

    • あっ、消されたら嫌なんで、スクショとりますよ。

    • バイパス比が2を超えているエンジンなので、元記事の記述は「嘘ではない」と自分は思います。
      ただ、著者がバイパス比と言われて理解できるのかは、わかりません。

  3. 777の日本国内線導入時に、当時の国内線大手三社がエンジンの予備の部品の手配やら整備情報の共有を図ってNHとJDがPW4074、JLは4077でPWエンジンにそろえた 位記せないんですか? これでご飯食べてる「プロ」なんですよね? ちょっと調べればわかる情報ですよ?

  4. ピントが外れたコメントで申し訳ないですけど、事故のあとエンジンのメーカーをすぐに調べてしまいました。GEと石播の共同開発のものではないことを知り胸をなでおろしました。