地下30mの洞窟基地に眠るSAABと日本製ヘリ「武装中立」スウェーデンの凄み

北欧スウェーデンは、1800年代初頭から1992年まで中立を国是としてきました。一方で冷戦時代には万一に備え、国内各地に洞窟をくりぬいた秘密の飛行場を建設していました。その内の一つは現在、博物館として公開されています。

地下飛行場を転用したスウェーデン航空博物館

 強固な岩盤をくり抜いて造られた地下の秘密基地から、戦闘機が発進して敵機を迎撃する――そのような戦争映画のような航空基地がスウェーデンで実際に存在していました。当時は国家の最高機密とされていたものの、冷戦終結とともに基地としての役割を終え、機密も解除されたことで、そのうちの一つは2008(平成20)年から博物館として公開されています。

Large 210223 swedishbase 01

拡大画像

地下飛行場を転用した航空博物館に展示されるサーブ35「ドラケン」(手前)とサーブ37「ビゲン」(細谷泰正撮影)。

 博物館の場所はスウェーデン第2の都市、ヨーテボリ近郊です。ここは重要な港湾であるとともに、ボルボなど多くの企業が拠点を置く重工業都市でもあります。このヨーテボリを防衛するために航空基地が建設され、戦闘機部隊の「F9航空団」が配置されていました。

 東西冷戦が激化する中、飛行場に隣接する岩山の下にトンネル状の地下基地が建設され1955(昭和30)年に完成しました。中立とはいっても旧ソ連の侵攻も考えられたため、核攻撃などを想定し、指令所や格納庫部分は地下およそ30mの岩盤の下に造られています。地下部分だけで2万2千平方メートルの広さがあります。

 しかし前述したように、冷戦終結とともに地下基地の必要性がなくなったため、軍の管理から外され、2021年現在は、スウェーデン国立軍事史博物館の傘下組織である軍事遺産管理団体が運営する航空博物館として利用されています。なお飛行場は民間空港として使用されているため、この博物館には自家用機で訪れることも可能です。

 地下格納庫ではスウェーデンで飛行していた軍用機と民間機が展示されているほか、レーダー管制室も当時の様子が再現され、展示されています。

【写真】洞窟転用の博物館に展示される日本製ヘリコプター

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

1件のコメント

  1. なぜかtwitterのトレンドに上がっていた。