LCCピーチ 復活の「バニラエア塗装機」デビュー日が判明 3月5日関西発

“バニラ効果”をもたらした奄美へ初日に凱旋です!

奄美行きMM205便でデビュー

 LCC(格安航空会社)のピーチが、2021年3月5日(金)から、同社と2019年に統合した「バニラエア」のデザインを施した特別塗装機を定期便に投入することがわかりました。

Large 210302 mm 01

拡大画像

ピーチの「バニラエア塗装機」のイメージ(画像:ピーチ)。

「バニラエア塗装」の投入初便は、5日の11時40分関西発、13時35時着予定のMM205便。当日の折り返しとなる奄美14時25分発、関西15時55分着のMM206便も「バニラエア塗装」での運航予定です(状況により対象便変更の可能性あり)。その後は、ピーチ全路線を対象に、この機が投入されるとのこと。

 この「バニラエア塗装機」は、バニラエアからピーチに引き継がれたエアバスA320型機「JA08VA」です。バニラエアでの運航終了後、海外での機材改修を経て、2020年12月に各種整備やピーチ標準塗装への塗り替えのため関西空港に到着。その姿を見た航空ファンから、SNS上で「バニラエアの黄色いデザインのまま運航してほしい」という多くの反響があったことがきっかけで、今回の「バニラ塗装」が実現したといいます。

 この機のベースデザインは、先述のとおりバニラエアの塗装のままですが、胴体左側には、かつてバニラエアがマーケットを開拓した鹿児島県の奄美群島への想いを込め「Fly Peach to AMAMI」と書かれたデカールが貼られています。右側前方には通常塗装と同じフォントで「peach」ロゴが入ります。

【了】

【懐かしい】黄色い翼じゃない方の「バニラエア」機

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント