電動バイク旅番組も趣旨変わる? バイク大手4社 交換式バッテリー標準化に合意

バッテリーステーションはどう整備?

 ホンダはすでに交換式バッテリーを搭載した原付を数機種発売していますが、これらのバッテリーは、今回決められた標準のものではないといいます。

 ヤマハ発動機のMC事業部 戦略統括部長の有西達哉さんによると、今回はバッテリーの構造や電気特性、保護回路などについて仕様を取り決めたとのこと。ここから先は各メーカーの競争領域であるとして、バッテリーの具体的な航続距離や電池容量などの性能について各社、明言を避けました。ただホンダの三原さんは、既存のホンダの交換式バッテリーを用いる機種の航続距離よりも、1.2倍から1.3倍にしたいと話します。

Large 210326 battery 02

拡大画像

質疑応答を受ける4社の代表(画像:川崎重工業)。

 また、バッテリーステーションの設置についても、具体的な整備スキームなどは決まってはおらず、政府や自治体、石油会社、電力会社、あるいは日本自動車工業会などの協力を仰ぎたいということです。一方でホンダは日本郵政と連携し、郵便局にバッテリーステーションを整備する構想を持っています。

 5月には欧州でも、ホンダ、ヤマハ、オーストリアのKTM、イタリアのピアッジオによる交換式バッテリーの標準化に向けたコンソーシアムが立ち上がる予定で、今後、この方式が世界各地でそれぞれ検討されていく可能性があります。日本勢の4社としては、国際的な相互利用についても、日本自動車工業会を通じて積極的に働きかけていきたいということです。

【了】

最新記事

コメント