JALのコロナ対策は盤石!? 宣言解除直後に搭乗 メリハリある衛生策が各所に 一方課題も?

新型コロナ感染拡大の影響で再発出された緊急事態宣言が3月22日に解除されましたが、その初日のJAL機はどのような様子だったのでしょうか。実際にJAL便に乗りその様子を取材。対策が各所に施された「VSコロナ」仕様の機内ですが、まだ課題もあるようです。

乗る前から始まるJAL流対策 お手頃PCR検査も

 新型コロナウイルスの感染拡大によって、国内航空会社の飛行機の乗り方が大きな変化を遂げてから、1年近い時間が過ぎようとしています。

 2021年3月21日(日)いっぱいで、東京を含む1都3県へ再発令されていた緊急事態宣言が解除。JALでは解除初日の22日の国内線予約者数は、約4.5万人だったそうです。これは宣言下の15日(月)とくらべ、1万人の増加といいます。

 もちろんこの人数は、コロナ禍以前には遠く及びませんが、宣言解除で「どこかに行きたい」「行かなければいけない」という人が宣言下に比べ、これまでよりは乗りやすくなったことはもちろん、「旅客機がコロナに比較的強い交通手段であり、航空会社も対策をきちんと講じている」という認識が広がったことも一因と言えるでしょう。

Large 210327 jal 01

拡大画像

3月22日にJL509便を担当したエアバスA350-900「JA08XJ」(2021年3月22日、乗りものニュース編集部撮影)。

 22日、実際にJAL便に搭乗。2021年3月時点ではどのような新型コロナ対策が講じられているのか、取材してきました。

 JALの対策は、乗る前から始まっています。国内航空会社でもはや一般的になりつつある、係員や乗客のマスク着用、カウンターの仕切り板設置、空港での消毒液配備などはもちろんのこと、羽田空港の自動チェックイン機や手荷物預け機に、タッチパネルに直接触れずとも操作できる仕様のものを導入(今後は国内の基幹空港を中心に順次展開予定)。このほか、空港設備に抗ウイルスコーティングを施す措置も、羽田を中心に広がっています。

 また他の取り組みとして、JMB(JALマイレージバンク)会員の国内線搭乗予定の旅客を対象に、2000円という値段で、自宅でPCR検査を受診できる体制が整えられています。これは手頃な価格はもちろんのこと、提携病院のにしたんクリニック(東京都渋谷区)に検体が到着してから、数時間で結果が出るスピード感も大きなポイントです。

【圧巻のトイレ掃除】写真でさっと見る宣言明け初日のJAL機の機内

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント