分離帯含め車線がズレます! 中央道の多摩川橋で工事 工期は約2年

高速道路会社初となる渋滞対策が取られます。

工期は2023年5月ごろまで

Large 210528 chuou 01

拡大画像

中央自動車道(画像:写真AC)。

 NEXCO中日本 八王子支社は2021年5月31日(月)から、中央道の国立府中IC~八王子IC間にある多摩川橋で、老朽化したコンクリート床版(車両の荷重を受ける橋の床部分)をリニューアルする工事を実施します。

 同区間は年間を通じて交通量が多いため、工事にあたり橋梁の中央分離帯を改良して新たに2車線分の走行路を確保したうえで、期間中は中央分離帯に車線をシフトする渋滞対策が取られます。なお、このような方法は高速道路会社では初。工事の段取りは以下の通りです。

・上下車線の路肩を活用して車線を外側にシフトし、中央分離帯に新たに2車線の走行路を整備
・走行路を整備した中央分離帯に下り線の車線をシフトし、下り線の床版取替工事を実施
・走行路を整備した中央分離帯に上り線の車線をシフトし、上り線の床版取替工事を実施
・床版の取替が完了後、工事着手前の車線に復旧

 工期は2023年5月ごろまでです。NEXCO中日本 八王子支社は、「車線を規制することにより大規模な渋滞が予想される重交通路線などでは、今回と同様な構造であることなどの条件が整った場合、中央分離帯や路肩などの道路幅員を活用した渋滞対策を検討します」としています。

【了】

【図解】順繰りにズレていく上下線

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント