三菱「パジェロ」消滅は自衛隊に影響? 兄弟車「1/2tトラック」の行方 防衛省に聞く

「パジェロ」が消えても1/2tトラックは存続?

 三菱自動車は前出のとおり、2021年上期にパジェロ製造を閉鎖することを、2020年7月に発表していました。そこで2021年における1/2tトラックの調達に影響はあるのか、そもそも調達契約を結んでいるのか、防衛省へ聞いてみました。

Large 210531 pajero 03

拡大画像

1/2tトラックの車内(柘植優介撮影)。

 防衛省の大臣官房広報課 報道室によると、パジェロ製造閉鎖の発表が出たあとも、直近では2021年3月に三菱自動車と1/2tトラックの納入契約を結んでおり、同年中の納入が予定されているとのことでした。

 また、パジェロ製造の工場閉鎖後、1/2tトラックについては2021年度下期に生産整備が岡崎製作所へ移設され、以後、三菱自動車が同製作所において引き続き1/2tトラックを製造するとしているそう。

 よって、結論としては1/2tトラックも「デリカD:5」や「アウトランダー」と同様、岡崎製作所に生産が移管され、これまで通り、従来モデルが生産されるということです。

 となると、以前の73式小型トラックのときのような、市販モデルの生産終了≒自衛隊専用モデルの変更ということは起きないようです。

 なお、同様のことを三菱自動車広報部に聞いてみましたが、こちらは「コメントは控えさせて頂きます」という回答でした。

【了】

【市販車で欲しい…】防衛省/自衛隊のミリタリー色パジェロ&ジープを写真でチェック!

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

1件のコメント

  1. 「防衛省に聞く」ってタイトルに書いている割には、なんか具体的なコメントがまったくないのですが…