渋谷駅 遠かった旧埼京線ホームは今後どうなる? 移設1年 長~い高架通路も消えた

JR渋谷駅の埼京線ホームが、山手線ホームと横並びの位置に移設されてから1年が経ちました。とりわけ離れていた旧埼京線ホームは今後どうなるのでしょうか。

「並ぶぜ!! ホーム」から1年

 渋谷駅でひときわ遠かった、埼京線ホーム。それが2020年6月に北側へ移設され、山手線ホームと並列になってから1年が経過しました。

「並ぶぜ!! ホーム」とのキャッチコピーで、埼京線ホームの移設を伝えるポスターなども多く掲出されていた当時が、もはや懐かしく感じるかもしれません。そしていま、旧埼京線ホームは様変わりしています。

Large 210624 saikyo 01

拡大画像

新ホームと地続きとなっている旧埼京線ホーム(乗りものニュース編集部撮影)。

 旧ホームは新ホームから南へ地続きとなっており、列車が発着しなくなった旧ホームは現在、新南口改札と、それ以外の改札口を連絡する「通路」の一部として扱われています。とはいえ、列車用の設備やホームの上屋、柱なども、ほぼそのままです。

 ただ、山手線ホームの上の中央改札口側と旧埼京線ホームおよび新南口改札をつないでいた高架通路は撤去されています。途中に書店などもあった長い廊下を人々が行き交っていたことは、もはや想像もつかないかもしれません。

 中央改札から南へ約400m、旧埼京線ホーム経由でたどり着く新南口改札は健在です。ただ新南口からホームの南側は、完全に使われておらず封鎖されています。

 JR東日本東京支社によると、今後、新南口改札はなくす方向だといいます。ただ新南口の位置までの通路は設置するといい、改札口はなくなっても、新南口の利用はこれまで通り確保されそうです。

 しかしその「通路」、旧埼京線ホームの敷地がまるまる必要な規模かどうかは検討中で、かつ、ホーム跡地を再開発するような計画も現時点ではないとのことでした。

 ちなみに、埼京線ホームに続き、山手線ホームも今後大きく変わります。

 現在では内回りと外回り、それぞれにホームと線路が並ぶ2面2線の構成ですが、今後は線路やホームの移設を経て、1面の大きなホームの両側に列車が発着する1面2線の構成に変わる予定です。最終的な工事の完成は2027年頃とされています。

【了】

【あの長い通路が消えた…】旧埼京線のいま&今後

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

1件のコメント

  1. 旧ホームは撤去するとして、そこにY線かシザースクロッシングを入れて折り返せるようにしたりして?