JR東日本相模線用E131系電車登場! 区分は「500番台」 信越本線で試運転

ついに登場しました!

E131系初の4両編成

 JR東日本が導入を発表していた相模線用のE131系電車が2021年7月12日(月)、総合車両製作所(J-TREC)新津事業所(新潟市秋葉区)を出場。その姿を現しました。

Large 210712 e131 01

拡大画像

豪雨のなか、信越本線で試運転を行う相模線用E131系500番台(2021年7月12日、伊藤真悟撮影)。

 編成はクモハE131-501+サハE131-501+モハE130-501+クハE130-501と、相模線205系電車と同様「500番台」に区分。E131系では初の4両編成です。編成番号は「G-01」、所属は国府津車両センターを表す「横コツ」の標記となっています。

 同編成は信越本線新津~羽生田間で試運転を行った後、越後石山(新潟車両センター)に向かい、電気機関車のけん引で国府津車両センターへと輸送される予定です。

【了】

【写真】相模線用E131系の姿をサッと見る

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント