さよなら「新幹線の高い車窓」 引退迫る2階建てE4系 座るならどこ?

オール2階建て新幹線E4系「Max」の定期運行がもうすぐ終わります。日本の新幹線から2階建て車両が姿を消す前に、その高い位置からの眺めを楽しむための座席選びを紹介します。

引退が間近に迫るオール2階建て新幹線

 オール2階建て新幹線であるE4系「Max」の定期運行終了が近付いています。1985(昭和60)年10月に東海道・山陽新幹線で、日本初の一部2階建て新幹線100系電車が登場して以来日本の新幹線を走り続けてきた2階建て車両が姿を消そうとしています。

Large 210901 jre4 01

拡大画像

引退が近付くE4系。新潟駅は屋根がありやや暗いものの、天窓からの光によって波打つような先頭形状の観察はしやすい(栗原 景撮影)。

 乗客サービスとして2階建て車両を組み込んだ100系に対して、E4系とその先代であるE1系は着席定員を増やすために造られた「オール2階建て」でした。防音壁が高い東北・上越新幹線では、2階席から車窓風景を存分に楽しめる車両でもありました。

 現在、E4系が最後の活躍を続けているのは上越新幹線です。トンネルが多いものの、それでも2階席からは、広大な関東平野や秩父・妙義山系を見晴らせる大宮~高崎間、米どころ・新潟を実感できる田園風景が見事な長岡~新潟間など、車窓風景も十分に楽しめる路線です。

 2階建て新幹線に乗って車窓風景を楽しめるのはあと1か月足らずとなりました。車窓は、座席を向かい合わせにできない今は基本的に1人で眺めるもので、会話もほとんど発生しません。密にならず、感染予防対策を徹底したうえで車窓を最大限楽しむためのE4系の座席の選び方を紹介します。

【写真】E4系「2階席」と「1階席」の違い(7枚)

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

1件のコメント

  1. 随分昔に一度乗りました、一階の閉塞感が凄くて二度と御免です、二階は全部グリーン席だと思ってました、乗れば良かった