東急8500系まるごと売ります! 台車や床下機器付きで 車号板や銘板詰め合わせセットも

おいくら万円でしょうか。

コルゲート部カット・車号板なども販売

Large 211001 tokyuh 01

拡大画像

販売中の東急8500系電車8630編成と8622編成(画像:東急電鉄)。

 東急電鉄が同社の8500系電車を販売中です。8500系は、1975(昭和50)年から主に田園都市線で使われてきた車両。新型2020系などの導入に伴い、2021年10月初旬時点では4編成が残るのみです。

 販売されているのは、8622編成と8630編成それぞれの先頭車両で計4両。価格は1両176万円(税込)です。台車や床下機器などを含みます。完売しなかった際は別途、先頭部分のカットモデルが販売されます。希望する長さに合わせカット加工が行われ、価格は2420万円(税込)です。なおも完売しない場合は、運転台が販売されます。価格は85万円(税込)、車体から取り外したうえ各パーツを分解しての販売です。希望する場合は、電圧計などの計器類や乗務員座席なども譲渡されます。

 購入の際は指定のメールアドレス宛に、希望する商品のほか設置場所の住所や個人情報などを送付します。締め切りは、8622編成が2021年10月20日(水)、8630編成が11月20日(土)。先着順での受け付けです。なお販売価格のほかに、トレーラーでの運送費用や設置場所での荷下ろし用クレーンチャーター費用などがかかります。

 東急電鉄は「購入にあたり様々な制約があることから、社内で審査のうえ、車両を適切に保存していただくことが可能と判断できる方への販売とさせていただきます」としています。

 上記のほかに、別の編成の8500系パーツも販売予定です。詳細は以下の通り。

○車体側面コルゲート部カット(縦横30cm程度)
・価格:5万5000円(税込)
・部数:300個

○特別記念セット
・内容:コルゲート部カット、車号板、製造所銘板、座席シート生地(梱包材として)
・価格:8万5000円(税込)
・部数:50セット

 購入は、2021年11月下旬および2022年1月下旬の2回、ウェブ販売サイト「TOKYU STYLE」で可能です。各期の販売数などは別途、サイト上で告知されます。

【了】

【ファン垂涎!】8500系その他の販売品の数々

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント