ANAが本場愛媛で「みかん農園」! 航空会社がどう関係? 斬新プロジェクトのカラクリ

某テレビ番組みたいな取り組みですが、そのウラは?

第一次産業拡大が航空業界の収益増へ…なぜ?

 とある航空会社の支店が全力を傾けるのは「みかんの栽培」――あまりにも航空や旅行事業を行う会社としてはかけ離れた取り組みが始まりました。ただ、もちろんこれには、それ相応の理由や戦略があります。

 四国の愛媛県・松山に「ANA農園」があります。企画したのは、ANA(全日空)グループで地域創生などを手掛ける「ANAあきんど」。パートナーは松山空港名物「蛇口から出るみかんジュース」の店舗も運営する石丸農園(松山市堀江町)です。

Large 01

拡大画像

松山空港を出発するANA機(2021年10月、乗りものニュース編集部撮影)。

 現在みかん農家をはじめとする第一次産業では、労働人口の減少、高齢化が進行しています。このことで増えているのが、耕作が放棄された「廃園」です。

 ANAあきんど松山支店では、廃園をしない仕組みを構築すべく「ANA農園プロジェクト」を全国に先んじて、2021年4月から始動しました。その陣頭指揮を取るのが、ANA・ANAあきんどの松山支店長の谷山 章氏です。

 もちろんANAあきんどが「ANA農園プロジェジェクト」を実施するのには、理由があります。

 同社は「一次産業が活性化すると、貨物需要が増え、交流人口も拡大。よって、最終的に旅客便の需要が増え、本業である航空収入も拡大する」と期待される効果について説明しています。また新型コロナウイルス感染拡大下において、ANAグループとしても非航空需要の拡大が急務。農園プロジェクトはこの拡大作戦の一環でもあるわけです。

【これから激化けします】「廃園」となっているANA農園の現状など

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント