駐車場でイラっとした経験は?【高速・道の駅編】 怒りの声多数「停める場所違うだろ!」

高速道路のSA・PAや、道の駅の駐車場を利用中にイラっとした経験についてアンケートを実施。688人から回答を得ました。平面で広い、24時間開放されているという性質上の「イラっと案件」が垣間見えました。

ダントツのイラっと事案「指定枠外の駐車」

「乗りものニュース」では2021年10月1日(金)から10月4日(月)にかけて、高速道路のSAやPA、道の駅の駐車場を利用中イラっとした経験についてアンケートを実施。688人から回答が集まりました。

「高速道路のSAやPA、道の駅の駐車場でイラっとした経験(行為)を教えてください。(複数回答)」では、多い順に以下の結果となりました。

Large 210917 sapark 01

拡大画像

高速道路のSA・PAの駐車場。写真はイメージ(乗りものニュース編集部撮影)。

・指定枠以外の駐車:60.9%
・通路上(ランプ含む)に駐車:42.6%
・通路上で不意に停車:37.5%
・飛び出し(クルマ・人):36.3%
・逆走:31.8%
・暴走族等の集会・占拠:17.9%
・ドアパンチ:16.0%
・ミラーを畳まない:14.8%
・イラっとした経験はない:8.3%
・その他:8.6%

 回答が最も多かったのは「指定枠以外の駐車」でした。「車いす」などの標章車優先・専用枠に、標章のないクルマが停まっているといったケースです。また街なかの駐車場と異なる点として、普通車・大型車で駐車マスやエリアが区分されていますが、施設まで遠い、満車だからといった理由で、対象外のクルマが駐車するケースも見受けられます。

 次に多かった回答は「通路上(ランプ含む)に駐車」。特に高速道路では、駐車マスではないゼブラゾーンや、本線へ通じるランプ上に駐車しているケースがしばしば見られます。混雑が理由と考えられますが、高速道路会社は周回可能な構造のエリアでない限り、満車ならば諦めて次のSA・PAへ向かうよう案内しています。

 続いて「通路上で不意に停車」。荷物を積み込んでいる人やエンジンがかかっているクルマを見て、「もうすぐ空きそうだ」と思い込み通路上に停車するクルマも多いようです。これは後続車にとっては不用意に待たされイライラするだけでなく、渋滞が発生する原因にもなります。

【停められなかったら諦めろ? 戻ってOK?】SA・PAの構造の違いを写真でチェック

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント