ANA「オレンジの超BIGウミガメ旅客機」A380の3号機 激映え天候で仏を発つ! まもなく日本に

これでANAの超大型機「フライングホヌ」は3機出揃います。

ANAなのに「オレンジ」

 フランスの航空機メーカー、エアバスからANA(全日空)へ引き渡された最後の総2階建て旅客機、A380「フライングホヌ」の3号機(機番:JA383A)。この機がフランス・トゥールーズにあるデリバリーセンターを現地時間2021年10月15日(金)の16時ごろ(日本時間16日深夜1時ごろ)に出発し、成田空港へ向かっています。

Large 01

拡大画像

トゥールーズを離陸し成田へ向かうANAのA380「フライングホヌ」3号機(2021年10月15日、乗りものニュース編集部撮影)。

 ANAではA380を2019年に導入。当初の計画では、計3機体制で成田~ホノルル線専用機として投入予定でした。客室はファースト、ビジネス、プレミアムエコノミー、エコノミーの4クラス構成され、計520席。ベッドのように横になれるエコノミークラス「ANAカウチ」など備えます。

 今回受領した3号機は、「ハワイの夕陽」をイメージしたサンセットオレンジの塗装に、目をパッチリあけた可愛らしいウミガメの表情が特徴とのこと。機首部分の「ウミガメの顔」には、長いまつげがあしらわれています。ANAのA380はいずれも、その巨大さもさることながら、3機それぞれ異なった「ウミガメ」の全面特別塗装を施していることが特徴です。

まさにサンセットオレンジ! A380の3号機激映え出発写真レポ(23枚)

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント