次世代新幹線N700Sがローレル賞受賞 「外観は継承、内装は斬新」真価はこれから

2021年の「ローレル賞」に選定されたJR東海道新幹線のN700S。その授賞式が東京駅で開催されました。13年ぶりのフルモデルチェンジ車両は機器の小型化などを実現し、「標準車両」として今後を担います。

13年ぶりのフルモデルチェンジ車両

 JR東海の新幹線新型車両「N700S」のローレル賞授賞式が2021年10月30日(土)、東京駅で執り行われました。

「ローレル賞」とは「鉄道友の会」が毎年1回、前年に日本国内で正式に営業運転を開始した新造車両もしくは改造車両から、会員の投票結果を参考に選考委員会が「優秀」と認めた車両を選定するものです。

Large 211030 tokyo 01

拡大画像

N700S ローレル賞授賞式(2021年10月30日、大藤碩哉撮影)。

 N700Sは2020年7月にデビュー。13年ぶりのフルモデルチェンジ車両で、全席にコンセントを設置、車内ディスプレイの大型化、乗り心地向上、バッテリーにより停電時も自走可などの特徴があります。先代のN700系との外見上の違いはロゴ、運転台付近側面に青い線が追加されていること、LEDヘッドライト、ヘッドライト部分にエッジが立っていることなどです。ちなみに「N700S」の「S」は「最高」を意味する「Supreme」が由来です。

 鉄道友の会はN700Sの2021年ローレル賞選定理由について、「最新技術を取り入れ、付加価値の高い移動空間と輸送ネットワークを提供する極めて完成度が高い車両」としています。

 さて、授賞式直前の午前10時半ごろ、東京駅19番線に入線してきたのは本日の主役、N700S・J19編成。ホームにいた乗客も、N700Sだと気づくと思わずカメラを向けていました。

 式典でJR東海の田中 守副社長は、「ローレル賞を戴けたことを大変光栄に思います。私もN700系の製作に携わったことがありますが、0系新幹線からのDNAを積み上げ後輩たちがN700Sを完成させてくれたことを嬉しく思います。時代の移り変わりにあわせ、安全・信頼・快適・環境性能を追及し、様々なリスク対策も講じています。引き続き、大動脈としての使命をしっかり果たしてまいります」と話しました。

「鉄道友の会」の加藤幸弘選考委員長は「最新のシステムや設備を搭載しつつも小型化・軽量化を実現したN700Sは、柔軟な編成構成が可能です。非常時にはバッテリーで自走もできます。外観は継承、内装は斬新。10候補16形式の中から、N700Sを選定させていただきました」と話しています。

 ちなみに、N700Sは床下機器の小型化・軽量化を進めた結果、従来は不可能だった機器配置を実現しています。これによりN700Sは「標準車両」として、長い編成から短い編成まで、様々な線区のニーズに合った両数に対応できる、頼もしい存在となります。現在は、2022年秋に開業予定の西九州新幹線(武雄温泉~長崎)へ、6両編成で展開することが計画されています。

【了】

【写真】授与された「ローレル賞」

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

1件のコメント

  1. 走っていルノを見てもロゴを見ない限り他のN700たちと見分けがつかない。