ぶつかっても大丈夫!? 布とウレタンでできた「柔らかいクルマ」見てきた 公道で走れるの?

バンパーを発泡ウレタンで、ルーフを再生可能な新素材で作った、人と自然とまちに優しいクルマが表参道で公開されました。デザインしたのは愛玩ロボット「LOVOT」の生みの親です。

小型/低速/柔らかい/リサイクルを具現化したクルマ

 世にも珍しい、「柔らかいクルマ」がお披露目されています。

 東京都渋谷区の表参道にある「gallery de kasuga(ギャラリー・ドゥ・カスガ)」で、繊維(人工&天然)と樹脂による柔らかい複合材「コンポジット・テキスタイル(CT)」の可能性を表現した「コンポジット・テキスタイル展2021」が2021年12月25日(土)まで開催されています。この展示品のひとつに、「小型EV車」があります。

 これは、株式会社hide kasuga 1896(東京都港区)が開発した上記の新素材コンポジット・テキスタイルと三井化学のバイオプラスチックで作られています。プロダクトデザイナーの根津孝太氏が手掛けたもので、トヨタ車体の超小型EV「コムス(COMS)」をベースに、人と自然とまちが調和する「令和モダニズム」をコンセプトに製作したそう。

Large 211117 kasuga 01

拡大画像

「gallery de kasuga(ギャラリー・ドゥ・カスガ)」に展示されている小型EV車。一緒に写るのはデザインを担当した根津孝太氏(柘植優介撮影)。

 根津孝太氏は、GROOVE X(グルーブエックス)社が販売する愛玩用の家庭向け小型ロボット「LOVOT(らぼっと)」のデザイン担当者で、今回の小型EV車も「小型/低速/柔らかい/リサイクル」というコンセプトを基にデザインされています。

【運転席も柔らかい!?】写真でチェック!

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント